• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2018年10月3日

    ヤフー株式会社

    海が抱える課題に関するコンテンツを読んだ後すぐに、その課題解決に向けた 支援に参加できる新メディア「Gyoppy!(ギョッピー!)」を公開

    海や漁業に関する読み物を掲載。各記事の最後に、募金やネット通販など、
    読んだ後すぐにできるアクションへつなげる

    ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、海の環境汚染や生物多様性の危機、漁獲量の減少などの課題に関する読み物と、一部の記事では、読んだ後すぐに、読者がその課題解決に向けた支援に参加できる新メディアサービス「Gyoppy!(ギョッピー!)」を公開しました。また、本日、海や漁業に関連した記事を9本公開し、今後も一日に6本程度の記事を順次掲載していきます。

    「Gyoppy!」は、編集部が独自に作成する記事と、コンテンツパートナーから「Gyoppy!」向けに提供される記事、Yahoo!ニュースに掲載される海関連の記事で構成されます。編集部独自の記事は、地域に特化したコンテンツ制作で実績のある「株式会社Huuuu」とYahoo! JAPANが共同で企画・編集を行います。また、一部の記事の最後には、「Yahoo!ネット募金」やクラウドファンディングなどへの誘導を設置し、読者が記事を読んだ後に、その課題解決に向けた支援ができるようになっています。

    支援に関する提携パートナーとして、安心安全な農産品や加工食品およびミールキットなどの食品宅配サービス 「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」などを運営する「オイシックス・ラ・大地株式会社」や、国内最大級のクラウドファンディングプラットフォームを展開している「株式会社CAMPFIRE」、東北から新しい農業・水産業・食産業のプロデュース事業を行う「一般社団法人東の食の会」、水産業の活性化を追求し販路拡大や漁師育成事業などを行う宮城の若手漁師集団「一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン」、農家や漁師から直接農作物や海産物が買えるスマホアプリ「ポケットマルシェ」を提供している「株式会社ポケットマルシェ」が参画します。「Gyoppy!」を通じて、クラウドファンディングによる賛助やネット通販での購入など、各提携パートナーの強みを活かしたさまざまな支援を展開していきます。

    コンテンツパートナーとして、海の環境保全を目指しビーチクリーン活動等を推進している「NPO法人海さくら」や、個人の人生ストーリーにフォーカスしたWEBメディア「another life. 」を運営する「株式会社ドットライフ」、日本最大級の実名グルメサービス「Retty」を運営する「Retty株式会社」が「Rettyグルメニュース」の記事を提供します。また、「Gyoppy!」と共同で、海洋環境問題や持続可能な水産業、サステナブル・シーフードなどをテーマとした特集企画も制作する予定です。

    Yahoo! JAPANは「課題解決エンジン」というミッションのもとで、社会貢献に関するさまざまな取り組みを行ってまいりました。とくに、東日本大震災の被災地支援は継続的に注力しており、「復興デパートメント(現・「東北エールマーケット」)」、「ツール・ド・東北」、「Yahoo!基金」、「Search for 3.11 検索は応援になる」など、支援は多岐に渡ります。また、東日本大震災後の2012年、石巻に拠点を設立。社員を常駐させて地域課題解決に継続的に取り組み、さまざまなシナジー効果を生み出しています。

    Yahoo! JAPANは水産業が主要な産業のひとつとなっている石巻での活動を通じて、日本国内のあらゆる消費者に向けて海の魅力や課題を伝え、そしてアクションに繋げる必要性を感じ、「Gyoppy!」を企画しました。

    <「Gyoppy!」概要>
    ■編集体制について(編集部:6名)
    編集長:久保 直樹(ヤフー株式会社)
    Yahoo!スポーツ(現スポーツナビ)、Yahoo! JAPANトップページの編成などをはじめ、ヤフー社内で10年間、編集やウェブディレクションに携わる。現在は、社会貢献事業本部にて、CSRレポートの執筆や、社会課題を伝える記事の編集などを担当。

    プロデューサー:長谷川 琢也(ヤフー株式会社 / 一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン)
    2003年にヤフー入社後、コマース担当部長などを歴任。東日本大震災後の2012年に石巻へ移住、「復興デパートメント」の立ち上げをはじめとした復興支援に携わる。同地域の主要産業である水産業の活性化を目指し、2014年に若手漁師たちと「フィッシャーマン・ジャパン」を設立。水産業が抱えるさまざまな課題を解決するための取り組みを多数実行している。

    監修:徳谷 柿次郎(株式会社Huuuu代表取締役)
    どこでも地元メディア「ジモコロ」/小さな声を届けるWEBマガジン「BAMP」の編集長。長野と東京の二拠点生活を送りながら、全国47都道府県の魅力を伝えるコンテンツを編集。長野市では、ローカルに新たな価値を届ける店舗「やってこ!シンカイ」を運営している。

    ■主なコンテンツ
    (1)オリジナル記事
    (2)コンテンツパートナーからの配信記事
    (3)Yahoo!ニュースの海関連記事の表示

    ■サービス開始時(10月3日)に公開した記事
    「海がないと、人は生きられない。だから僕らは海のイマを伝える」Gyoppy! スタート対談
    「震災でできた1億円以上の借金をどう返すか。それだけを考えた」石巻で出会ったフィッシャーマン
    「魚嫌いは、魚だけの問題じゃない」オホーツクの30代漁師に聞いた漁業復活のヒント
    「今のままでは、サンゴが全くいなくなる」サンゴの養殖で未来の海を救う
    海洋物理研究者から漁業の現場へ。持続可能な水産業の実現を目指して。
    「わたしの前世は絶対にカツオ」 渋谷・かつお食堂、究極のねこまんまを作る”かつおちゃん”に密着(外部リンク)
    東京出身・元看護師。バリキャリ女性が漁業の町に嫁いだら……(外部リンク)
    海を汚染するプラゴミを材料にして、湘南に国際環境NGOの活動の場を作りたい!(外部リンク)

    ■今後取り上げるテーマ(予定)
    寿司職人の目に映る日本漁業の「いま」
    持続可能なマグロへ挑戦する水産業者
    東京湾の海水浴場復活へ向けて

    ■記事を読んだ後にできる支援一覧
    ・「『Yahoo!ネット募金』での寄付」「『東北エールマーケット』でのエシカルな水産物の購入」など(ヤフー株式会社)
    ・「持続可能な水産物の購入」など(オイシックス・ラ・大地株式会社)
    ・「海や漁業に関するクラウドファンディング」など(株式会社CAMPFIRE)
    ・「会の販路開拓した水産物の購入による生産者支援」など(一般社団法人東の食の会)
    ・「ネット通販、実店舗、飲食店等での持続可能な水産物の購入」など(一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン)
    ・「水産物の購入による漁師の応援」など(株式会社ポケットマルシェ)

    ■コンテンツパートナー 
    ・NPO法人海さくら
    ・株式会社ドットライフ
    ・Retty株式会社

    「Gyoppy!」ロゴ

最新のプレスリリース

PAGE TOP