• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2018年1月24日

    ヤフー株式会社

    新執行体制への移行および代表取締役の異動(内定)ならびに定款の一部変更に関するお知らせ

     当社は、2018年1月24日開催の取締役会において、新執行体制への移行、代表取締役社長の異動(内定)、定款の一部変更について決議致しましたので、お知らせいたします。

    1. 新執行体制に移行する目的について
     2012年に代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)に就任した宮坂学は、ヤフーをPCの会社からスマートフォンで利用される会社への移行に取り組みました(※1)。また、「eコマース革命」による新ビジネスモデルの導入(2013年10月)や、アスクル株式会社の連結子会社化(2015年8月)などにより事業構造を変革させ、メディア事業に加えて、コマース事業の業容拡大を図り、中核事業の多角化に取り組んできました(※2)。

     一方、インターネット業界は今後もデバイスや通信環境、技術の進化により、顧客ニーズ、グローバル企業や異業種も含めた競合企業など、市場環境が急速に変化していくことが予想されます。この変化の激しいインターネット業界を勝ち抜くためには、新たな挑戦とそれに伴う経営幹部の若返りこそが重要な要素であり、新執行体制への移行と代表取締役の異動(内定)を決定いたしました。

     具体的には、新たな挑戦として2018年度からは、「スマートフォンの会社」に加えて「データの会社」になることを目指します。そのために、新しいリーダーとして、川邊健太郎が代表取締役社長 CEOに就任いたします。CEOと最高執行責任者(COO)を統合し、ワントップで迅速な意思決定と執行を行います。社員と近い年齢に若返りを図ることで、選任した常務執行役員と共に全社一丸となって、新たな挑戦と、事業の拡大・成長に取り組んでまいります。

     宮坂学は取締役会長として経営の管理・監督に注力いたします。また、新会社「Z(ゼット)コーポレーション株式会社」を設立し、代表取締役に就任いたします。ヤフーの事業と切り離した新領域への挑戦を加速させていきます。

    ※1:月間総ページビュー数に対するスマートフォン比率は、2011年第4四半期の平均約11%から、2017年第2四半期の平均では約63%まで成長。
    ※2:コマース事業関連売上高は2011年度1,079億円から2016年度5,117億円に成長。eコマース国内流通総額は、9,908億円から1兆8,529億円と約2倍に増加。

    2. 2018年4月1日付 新執行体制

    役職名

    氏名

    新任または再任

    最高経営責任者(CEO)
    副社長執行役員

    川邊 健太郎

    新任

    常務執行役員
    メディアカンパニー長

    宮澤 弦

    新任

    常務執行役員
    コマースカンパニー長
    コマースカンパニーショッピング統括本部長

    小澤 隆生

    新任

    常務執行役員
    チーフテクノロジーオフィサー(CTO)
    テクノロジーグループ長

    藤門 千明

    新任

    常務執行役員
    コーポレートグループ長

    本間 浩輔

    新任

    執行役員
    最高財務責任者(CFO)
    コーポレートグループ財務統括本部長

    坂上 亮介

    新任

    執行役員
    会長室長(予定)
    株式会社IDCフロンティア代表取締役社長

    志立 正嗣

    再任

    執行役員
    IDサービス統括本部長

    森 健

    新任

    執行役員
    メディアカンパニーメディア統括本部長

    片岡 裕

    再任

    執行役員
    メディアカンパニー検索統括本部長

    津森 暁史

    新任

    執行役員
    メディアカンパニーマーケティングソリューションズ統括本部長

    田辺 浩一郎

    再任

    執行役員
    メディアカンパニープラットフォーム統括本部長
    チーフデータオフィサー(CDO)

    佐々木 潔

    再任

    執行役員
    コマースカンパニー事業推進室長

    秀 誠

    新任

    執行役員
    コマースカンパニー予約統括本部長

    中山 一郎

    新任

    執行役員
    コマースカンパニーヤフオク!統括本部長

    梅村 雄士

    再任

    執行役員
    コマースカンパニー決済金融統括本部長

    谷田 智昭

    再任

    執行役員
    テクノロジーグループシステム統括本部長
    チーフインフォメーションセキュリティオフィサー(CISO)

    仲原 英之

    再任

    執行役員
    テクノロジーグループデータ&サイエンスソリューション統括本部長

    塚本 浩司

    新任

    執行役員
    コーポレートグループ法務統括本部長

    瀬越 俊哉

    再任

    執行役員
    コーポレートグループピープル・デベロップメント統括本部長

    湯川 高康

    新任

    執行役員
    コーポレートグループSR(Social Responsibility)推進統括本部長

    西田 修一

    再任

    執行役員
    株式会社GYAO代表取締役社長
    メディアカンパニー事業推進統括本部長

    田中 祐介

    再任

    3. 退任(2018年3月31日付)

    現役職名

    氏名

    副社長執行役員
    最高財務責任者(CFO)

    大矢 俊樹

    4. 2018年4月1日付 取締役の担当職務の変更

    新役職名

    氏名

    旧役職名

    代表取締役社長

    宮坂 学

    代表取締役社長
    社長執行役員
    最高経営責任者(CEO)

    5. 新任取締役候補者および代表取締役の異動(2018年6月予定)
    (新任)氏名:川邊 健太郎(カワベ ケンタロウ)
        役職名:代表取締役社長(予定)
            社長執行役員
            最高経営責任者(CEO)
    (異動)氏名:宮坂 学(ミヤサカ マナブ)
        役職名:取締役会長(予定)
     なお、宮坂 学は、2018年6月に開催予定の第23回定時株主総会およびその終了後の取締役会の決議を経て、代表権の無い取締役会長に就任する予定です。
     川邊 健太郎は、2018年6月に開催予定の第23回定時株主総会およびその終了後の取締役会の決議を経て、代表取締役社長に就任する予定です。

    新任代表取締役の略歴等

    氏名・生年月日

    略歴

    所有株数

    川邊 健太郎
    (カワベ ケンタロウ)
    1974年10月19日

    1996年12月 ㈲電脳隊取締役
    1999年9月 ㈱電脳隊代表取締役社長
    1999年12月 ピー・アイ・エム㈱取締役
    2000年8月 当社入社
    Yahoo!モバイル担当プロデューサー
    2007年1月 当社Yahoo!ニュースプロデューサー
    2009年5月 ㈱GyaO(現㈱GYAO)代表取締役
    2012年4月 当社最高執行責任者(COO)
    執行役員兼メディア事業統括本部長
    2012年7月 当社副社長 最高執行責任者(COO)
    兼メディアサービスカンパニー長
    2014年6月 当社取締役副社長
    最高執行責任者(COO)常務執行役員
    2015年6月 当社副社長執行役員
    最高執行責任者(COO)
    2017年4月 当社副社長執行役員
    最高執行責任者(COO)
    兼コマースグループ長(現任)
    71,300株

    6. 定款の一部変更
     取締役を1名増員するために、現行定款第19条(取締役の員数)第1項に定める取締役の員数の上限を1名増員し、9名以内から10名以内に変更するものです。

    現行定款

    変更案

    第19条 当会社の取締役は名以内とする。

    第19条 当会社の取締役は10名以内とする。

    なお、定款の一部変更は、2018年6月に開催予定の第23回定時株主総会において承認されることを前提としております。

    7. 準備会社の設立
    ・会社名:  Zコーポレーション株式会社
    ・所在地:  東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
    ・設立:   2018年1月18日
    ・資本金:  50万円
    ・株主:   ヤフー株式会社 100%
    ・代表者:  代表取締役 宮坂学(2018年4月1日就任予定)
    ・事業内容: 新規事業の開発およびサービスの提供

    8. 今後の見通し
     2018年6月に開催予定の第23回定時株主総会に諮る、川邊以外の取締役候補者につきましては、決定次第改めてお知らせいたします。
     Zコーポレーション株式会社が今期の当社連結および単体業績に与える影響は軽微であると見込まれます。

    以 上

最新のプレスリリース

PAGE TOP