プレスリリース

2013.12.25

パソコンとスマホの“いいとこどり”アプリ
タブレット端末向け「Yahoo! JAPANアプリ」誕生!

タブレット端末向けYahoo! JAPANアプリダウンロードURL

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.yjtop

 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日より、タブレット端末向けYahoo! JAPANアプリの提供を開始します(※1)。
近年タブレット端末は、各社から相次いで発表され、利用者は1年間で約2倍に増加するなど成長著しい市場です。当社の調査によると、タブレットの利用シーンは、平日より休日が多く、またピークタイムは夜であることから、パソコンの代替デバイスとして、自宅利用がメインであるという結果が出ています。Yahoo! JAPANでは、そのような状況から、パソコンで利用する「いつものYahoo! JAPANトップページ」と違和感の無いユーザエクスペリエンス(UX)を提供しながらも、タブレットアプリならではのユーザーインターフェース(UI)を実現しました。  例えば、より直観的に操作できるようタブレット用にデザインし直すだけでなく、各種画像サイズを拡大。動画においても、サムネイル画像を多数表示し、1タップで再生モードへの切り替え(※2)を可能にしました。また既に提供している、スマートフォン向けYahoo! JAPANアプリの人気機能「プッシュ通知」や「記事のキャッシュ読み込み」なども搭載することで、まさにパソコンとスマホの“いいとこどり”を実現しています。  <タブレット端末向けYahoo! JAPANアプリのポイント> ■パソコンとスマホの“いいとこどり”を実現 タブレット端末の利用シーンは、自宅利用がメインであることを想定し、パソコン版Yahoo! JAPANトップページと違和感ないUXを踏襲しつつも、デザインをタブレット専用に再構築。スマホアプリの人気機能「プッシュ通知」や「ニュース記事のキャッシュ読み込み」なども搭載し、タブレット版だからできた、パソコンとスマホの“いいとこどり”なUI/UXに仕上げました。 ■ダイナミックな動画表現 通常は、ページ遷移と複数回のクリックが必要となる動画再生も、1タップで再生モードへの切り替え(※2)を可能としたことで、ストレスなくお楽しみいただけます。また、サムネイル画像を多数表示し、直観的に動画を選ぶことができます。 ■7インチ/10インチ両方の利用シーンに対応 ランドスケープ(横)、ポートレート(縦)の表示切替も可能で、利用シーンに応じてお好みのスタイルでご利用いただけます。  Yahoo! JAPANでは今後も、ITを使って人や社会のさまざまな「課題」を解決していく「課題解決エンジン」として、さまざまな取り組みを進めてまいります。 ※1 Android版を先に提供しております。iOS版は2014年1月下旬以降に提供予定です。なお、本アプリは無料でご利用いただけます。 ※2 OSのバージョン、動画提供元により仕様の差異があります。


【広報からのお知らせについて】
Yahoo! JAPANの各サービスの公開や更新情報は、ブログ、Twitter、Facebookでもお知らせしています。

[Yahoo! JAPAN広報ブログ] http://blogs.yahoo.co.jp/yj_pr_blog
[Twitter] Yahoo_JAPAN_PR
[Facebook] https://www.facebook.com/yahoojapan
【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役社長:宮坂 学)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約4925万人のユニークカスタマー数※と、1日23億6500万ページビューのインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイル、スマートフォンなど多くのサービスを提供しています。

※Nielsen Online「NetView」、2012年6月、家庭もしくは職場からのアクセスによる。

このページの先頭へ