CSR

寄付や助成金などを通じて社会課題の解決を支援

Yahoo!基金のページ

2006年、Yahoo! JAPANのサービス開始10周年を記念して創設されたのが「Yahoo!基金」です。
「インターネット社会の安全で健全な発展」と「災害被災者および災害被災地への支援」を目的とし、お客さまからの寄付とヤフーからの拠出金とによって運営しています。

【災害・復興支援】
災害・復興支援は、緊急、復興、防災減災と3つのフェーズで支援活動を行っています。災害発生時の緊急支援では、募金を立ち上げ、被災地に寄付を行います。2019年度は緊急災害支援として8月に発生した前線に伴う大雨による災害や台風15号、台風19号の3つの災害で募金活動を行い、被災地や被災者の方への支援活動を行いました。
また、復興支援活動では、東日本大震災の風化を防止し、教訓を活かすための活動支援などを継続的に取り組んでいます。
実際にどのような支援活動をしているのかご寄付いただいた方にご報告するために、活動内容を紹介する特集をリリースしました。
Yahoo!基金の「東日本大震災」復興支援への取り組み震災を決して忘れない~復興に取り組む人を応援することで見えたこと~

【インターネット社会の安全で健全な発展】
「インターネット社会の安全で健全な発展」を支援する活動では、IT技術を活用した社会課題の解決支援とNPOなどの情報発信力を向上させる取り組みをおこなっています。IT技術を活用した社会課題の解決支援では、NPOなどの情報発信力を向上させる取り組みを行っています。2019年度は、情報発信の基礎力を向上させるための「書き手講座」を東京、横浜、大阪で行い約100名の方にご参加いただきました。
また、書き手講座の受講者から選抜した12名の方には「選抜講座」受講者として自身の取り組む社会課題についての記事を制作いただき、Yahoo!ニュースで実際に記事を配信いたしました。Yahoo!基金では、ご支援いただいたお客様の気持ちに寄り添いながら、社会課題解決のための活動を支援していきます。

2020年7月更新

関連リンク

このページの先頭へ