企業情報

沿革

1996年1月
インターネット上の情報検索サービスの提供を行うことを目的として、ヤフー株式会社設立
1996年4月
日本語での情報検索サービス(サービス名:Yahoo! JAPAN)の提供を開始
1997年1月
'96日本優秀製品・サービス賞の「日経産業新聞優秀賞」を受賞
1997年11月
店頭登録銘柄として株式を公開
1998年7月
パーソナライズサービス「My Yahoo!」のほか「Yahoo!掲示板」、「Yahoo!ゲーム」、「Yahoo!ページャー」などのコミュニティサービスを開始
1999年7月
株式会社住友クレジットサービスと提携し、「Yahoo! JAPAN VISAカード」の募集を開始
1999年9月
オンライン・ショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」および、オンライン・オークションサービス「Yahoo!オークション」を開始
2000年3月
ジオシティーズ株式会社およびブロードキャスト・コム株式会社を合併
2000年4月
株式会社日本交通公社、ソフトバンク・イーコマース株式会社と、インターネット上の旅行商品の電子商取引を行う合弁会社「株式会社たびゲーター」を設立
2000年6月
iモード対応携帯電話向けサービス「Yahoo!モバイル」を開始
2000年7月
1日あたり1億ページビューを突破
2000年8月
性別や年齢などユーザーの属性に従いターゲットを絞って広告配信する「デモグラフィック・ターゲティング広告」を開始
2000年9月
ピー・アイ・エム株式会社を合併
2000年9月
「Yahoo!オークション」にエスクローサービスを導入
2001年2月
インターネットドラマ「candy-o(キャンディーオー)」において動画広告を配信
2001年3月
ブロードバンド体験スペース「Yahoo! Cafe」を原宿にオープン
2001年5月
「Yahoo!オークション」においてユーザーの本人確認(有料化)開始
2001年6月
ブロードバンド関連総合サービス「Yahoo! BB」サービス開始を発表
2001年8月
1日あたり2億ページビューを突破
2001年9月
「Yahoo! BB」商用サービスを開始
2001年9月
イー・グループ株式会社を子会社化
2001年12月
イー・ショッピング・ブックス株式会社(現 セブンアンドワイ株式会社)を子会社化
2002年2月
ブライダルコンシェルジェ株式会社を子会社化
2002年2月
ナショナルクライアント獲得を目的とした新商品「Yahoo!ビルボード」の販売を開始
2002年3月
有料のサービスやコンテンツ料金の引き落とし先情報を安全に保管するサービス「Yahoo!ウォレット」を本格的に開始
2002年4月
「Yahoo!オークション」の出品システム利用料導入
2002年4月
ブロードバンド電話サービス「BBフォン」の商用サービス開始
2002年5月
1日あたり3億ページビューを突破
2002年5月
「Yahoo!オークション」の落札システム利用料導入
2002年8月
ユニセプト株式会社を設立
2002年8月
株式会社ネットラストを子会社化
2002年10月
株式会社インテージ・インタラクティブを設立
2002年11月
有料リスティングサービス「スポンサーサイト」を開始
2003年10月
株式会社ブライダルネットを子会社化
2003年10月
東京証券取引所市場第一部へ上場
2004年2月
株式会社インディバルを設立
2004年8月
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得
2004年10月
1日あたり10億ページビューを突破
2004年11月
ファーストサーバ株式会社を子会社化
2005年1月
株式会社アルプス社の事業を継承
2005年1月
株式会社クレオと業務提携および同社の第三者割当増資を引受け
2005年1月
株式会社あおぞら銀行とインターネットバンキング業務に関し基本合意
2005年2月
バリューコマース株式会社との資本および事業に関する提携を発表
2005年3月
株式会社キュリオシティを子会社化
2005年10月
株式会社インフォプラントを子会社化
2006年2月
セブンアンドワイ株式会社を持分法適用会社化
2006年2月
株式会社あおぞら銀行とインターネットバンキング業務に関し合意解約
2006年3月
ソフトバンク株式会社と携帯電話事業に関し合意
2006年3月
株式会社ニューズウォッチを子会社化
2006年3月
三井住友銀行グループとインターネット金融事業に関し合意
2006年4月
携帯電話事業に出資
2006年6月
三井住友銀行グループと資本提携を伴う業務提携を発表
2006年9月
ジャパンネット銀行との提携により「Yahoo!ネットバンキング」を公開
2006年10月
ソフトバンク携帯電話向けポータルサイト「Yahoo!ケータイ」を提供開始
2007年2月
ジャスダック証券取引所に重複上場
2007年2月
株式会社インタースコープを子会社化
2007年4月
「Yahoo! JAPAN研究所」設立
2007年4月
オーバーチュア株式会社の子会社化について、Yahoo! Inc.と覚書を締結
2007年8月
オーバーチュア株式会社を子会社化
2007年12月
eBay Inc.と業務提携に向け検討を開始
2008年4月
株式会社アルプス社を合併
2008年4月
株式会社ブレイナーを合併
2009年2月
ソフトバンクIDC株式会社およびソフトバンクIDCソリューションズ株式会社を子会社化
2009年3月
ソフトバンクIDCソリューションズ株式会社を合併
2009年4月
株式会社GyaOを子会社化
2009年10月
オーバーチュア株式会社を合併
2010年6月
アリババグループとの業務提携により、「Yahoo!チャイナモール」「タオジャパン」の提供を開始
2010年8月
株式会社シリウステクノロジーズを子会社化
2012年8月
YJキャピタル株式会社を設立
2012年8月
株式会社クロコスを子会社化
2012年9月
株式会社コミュニティファクトリーを子会社化
2012年10月
バリューコマース株式会社を子会社化
2012年12月
株式会社カービューを子会社化
2013年1月
株式会社サイバーエージェントFXを子会社化
2013年7月
東京証券取引所および大阪証券取引所の現物株市場統合に伴い、上場市場を東京証券取引所市場一部に統一
2013年8月
オセニック株式会社を子会社化
2014年1月
株式会社Qubitalデータサイエンスを設立
2014年10月
シナジーマーケティング株式会社を子会社化
2014年11月
株式会社クロコスを合併
2014年12月
オセニック株式会社を合併
2015年1月
株式会社コミュニティファクトリーを合併
2015年1月
ワイジェイカード株式会社を子会社化
2015年4月
株式会社共同通信デジタルと、ウェブにおけるニュースコンテンツ流通を最適化する合弁事業会社「ノアドット株式会社」を設立
2015年5月
スマートフォン版Yahoo! JAPANトップページ、スマートフォン用「Yahoo! JAPAN」アプリを刷新
2015年6月
監査等委員会設置会社へ移行
2015年7月
Skyscanner Ltd と合弁会社「Skyscanner Japan株式会社」を設立
2015年8月
ベトナム現地法人「Techbase VietNam Company Limited」が稼動
2015年8月
BuzzFeed社と合弁事業会社「BuzzFeed Japan株式会社」を設立
2015年8月
アスクル株式会社を連結子会社化
2016年2月
株式会社一休を連結子会社化
2016年4月
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と「株式会社Handy Marketing」を設立
2016年5月
エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社と合弁事業会社「パスレボ株式会社」を設立
2016年5月
「Yahoo!ウォレット」の決済機能「預金払い」と「Yahoo!マネー」を提供開始
2016年9月
株式会社イーブックイニシアティブジャパンを連結子会社化