ネット選挙の解禁にあたって

2013年7月4日に公示された参議院選挙からインターネットを利用した選挙運動が解禁されます。

選挙運動に該当する書き込みをする場合、利用規約、各種サービスのガイドラインその他のルールにしたがった上で、以下の点にご注意ください。

ご注意いただきたいこと

  • 選挙運動用・落選運動用の投稿を行う際にはメールアドレスなど連絡の取れる表示が必要になります。
  • 公示・告示日から投票日の前日までの選挙運動期間中しか選挙運動を行うことができません。
    そのため、公示・告示日より前の日や投票日当日に選挙運動を行うことはできません。
  • 候補者・政党ではない有権者は、Yahoo!メールのような電子メールを使って選挙運動を行うことができません。
    候補者から届いた電子メールを電子メールのまま他の方に転送することもできません。
    ただし、その内容をYahoo!みんなの政治textreamYahoo!知恵袋などのサービスに投稿することはできます。
  • 選挙運動や落選運動のために、嘘の情報を投稿してはいけません。
  • 悪質な誹謗中傷をしてはいけません。
  • 氏名を偽って選挙運動、落選運動をしてはいけません。
  • 未成年者は、選挙運動をすることができません。
  • 選挙運動用のページや候補者・政党から届いた選挙運動用の電子メールをプリントアウトして配ることはできません。

詳しくは、総務省のホームページをご確認ください。

関連リンク

ニュース記事の画像
<ネット選挙>知らずに法律違反?
ネット選挙の落とし穴(THE PAGE)