ジャパニーズテクニウム展

展覧会概要

落合陽一は、メディアアート作家としてイメージと物質の間にある表現可能性を探求し続けてきました。その探求の中で「近代人間性の更新」をテーマにデジタルネイチャー研究室を今は主催しています。この展覧会はその探索と発見と社会的問いをテクニカルな面と鑑賞可能な面の両面から振り返ることを目的としています。「テクニウム」という言葉は元WIRED創刊編集長のケヴィンケリーが提唱したテクノロジーによる生態観・遺伝子観をさしています。これは生物やコンピュータという区分けを超えてテクノロジーそれ自体が生態観を持つという概念です。この展覧会のジャパニーズテクニウムとは、落合がメディアアーティストとして表現を探求する中で発見した日本的メディアモチーフのことです。それは、工業化社会によって技術が一般化し、大衆化したメディアとサブカルチャーにより希薄化しつつも、日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現だと考えています。

開催概要

開催期間
2017年4月28日(金)~5月27日(土)

開館時間 
平日16:00~21:00/土日祝13:00~21:00 (最終受付は毎日20:30とさせていただきます)

入館について 
当展示はどなたでも無料でご覧いただけます。
展示受付にてお名前とお電話番号記入とともに、身分証を提示ください。
身分証明書としてご利用可能なものはこちら

※入館方法が開催期間中に変更になることがございます。

会場

ヤフー株式会社

東京ガーデンテラス紀尾井町オフィス

東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー 18F

交通アクセス

東京メトロ南北線永田町駅 9a出口直結

東京メトロ赤坂見附駅D出口より 徒歩1分

主催

yahoo_logo

協賛・協力

Digital Nature Group_logo