ヤフー株式会社

インフルエンザ急拡大がデータ分析から判明
今週にも「流行入り宣言」の可能性

こんにちは、「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」チームです。

ビッグデータレポートでは毎年、ヤフー検索のデータから分析したインフルエンザ感染状況をお知らせしています。 昨年も「ビッグデータ分析でみるインフルエンザ感染状況:2015-2016」のレポート上にて、毎週「厚生労働省の定点患者数予測数値」と、全国のリアルタイムの流行状況を可視化した「インフルエンザ状況マップ」を更新して報告しました。

今年も引き続き同様のコンテンツを更新していく予定ですが、今年のデータを調査したところ、まもなくインフルエンザの流行入り宣言ラインに到達しそうにあることがわかり、一足早く速報レポートを公開いたしました。
「インフルエンザ流行入り宣言」とは、厚生労働省より毎週報告されいてる「インフルエンザ定点当たり報告数」の定点あたりの数が1を越えた時に宣言されます。11月11日に厚生労働省より公開された数値は「0.59」。この数字を基準にヤフー検索データを使ったロジックに当てはめると次回の公開時(11月18日)の数値は「1.05」になるとみられ、流行入り宣言の基準である「1」を超えるとの予測値が出ました。

(図1)検索データから推定されるインフルエンザ患者報告数

この図は2015年冬と2016年冬の厚生労働省より発表されているインフルエンザの定点当たりの患者報告数推移と、ヤフー検索のデータを用いて分析した厚生労働省の発表より1週間早く定点あたりの患者報告数を予測した数値を比較したグラフです。その結果、2016年の予測値では11月中旬にもインフルエンザの流行入り宣言のラインを超えると見られます。

資料:
国立感染症研究所、Yahoo!検索

昨冬のインフルエンザ流行入り宣言は1月15日ですので、予測値どおりの結果となれば約2ヶ月も早い流行入りとなります。またこの10年間をみても、2009年の新型インフルエンザ流行の特殊要因(この時は8月の時点で定点報告数が1を越えていた)を除くともっとも早い流行入りとなりそうです。
もちろん予測値にはブレがありますので流行入り宣言の数値に達しないこともありますが、直近のデータでも患者数が増えている傾向に変化がありませんので昨年より早めのインフルエンザ対策をおススメいたします。

引き続き、Yahoo! JAPANビッグデータレポートをよろしくお願いいたします。