Fix and Slide: Caret Navigation with Movable Background

タッチデバイスにおいて指定したい場所が指に隠れて見えず正確な位置を指定できない、­いわゆるFat finger problem は古くから指摘されている。この問題は、要求するポインティングの精度と指の太さの比­率に依存するため、スマートフォンやスマートウオッチなどといった小型のデバイスにお­いて顕著に表れる。小型デバイスでも、十分に大きな領域を指定するようUIを工夫すれ­ば回避可能であるが、テキスト編集におけるキャレット(テキストカーソル)の移動とい­うタスクでは文字を大きくすることは一覧性の低下に直結するため回避できない。そこで­、本研究では、キャレットの移動を指のタッチによって直接指定する既存の方法に代えて­、キャレットを除くテキスト全体を移動させることでテキスト中のキャレットの相対位置­を決定するインタフェースを提案する。この方法では、移動させたい場所はずっと見えて­いるため、ファットフィンガー問題は発生しないという利点があり、早く正確な位置指定­が期待できる。

We present a “Fix and Slide” technique, which is a concept to use a
movable background to place a caret insertion point and to select text on a mobile device.
Standard approach to select text on the mobile devices is touching to the text where a user wants to select, and sometimes pop-up menu is displayed and s/he choose “select” mode and then start to
specify an area to be selected.
A big problem is that the user’s finger hides the area to select; this is called a “fat finger problem.”
We use the movable background to navigate a caret. First a user places a caret by tapping on a screen and then moves the background by touching and dragging on a screen.
In this situation, the caret is fixed on the screen so that the user can move the background to navigate the caret where the user wants to move the caret.
We implement the Fix and Slide technique on iOS device (iPhone) to demonstrate the impact of this text selection technique on small mobile devices.

http://apps.yahoo-labs.jp/fix_and_slide
http://research-lab.yahoo.co.jp/hci/2...