Message

Message From CEO

社長メッセージ

Profile

宮坂 学

ヤフー株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)
1997年入社。

2002年1月メディア事業部長、2009年4月コンシューマ事業統括本部長 執行役員などを歴任。
2012年4月より最高経営責任者(CEO)となり、同年6月、株主総会を経て代表取締役社長に就任。

新ビジョン「UPDATE JAPAN」

ヤフーは1996年にサービス提供を開始し、今年の4月で20周年を迎えました。インターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する「課題解決エンジン」をミッションに掲げ、さまざまなサービスを生み出し、これまで多くのユーザーにご利用いただいてきました。
そして20周年の今年、「次の20年も、そして100年後も、日本で一番必要とされるインターネット企業であり続けるためにはどのように進化すべきか」を考え、「UPDATE JAPAN」というビジョンを新たに掲げることにしました。このビジョンには、すでに世の中にある課題を解決するだけでなく、未来志向で希望を生み出し、さらなるチャレンジを行っていく決意が込められています。

ヤフーの「今」

この20年、インターネットの利用環境は、PCからスマホへ、スマホブラウザからアプリへ、著しい変化を遂げてきました。こうした変化を背景に、ヤフーがもっとも注力しているのが、アプリの利用推進です。スマホ利用の起点となる主要なアプリの利用推進を中心に、さまざまな戦略を進めています。

また、サービスの利用データを元に、より深く「ユーザーを知る」ことにも取り組んでいます。ヤフーは、検索、EC、地図、決済など、100を超えるサービスを展開し、そのデータを活用することができる世界にも類を見ないマルチビッグデータカンパニーです。多種多様な分野の利用データを組み合わせることで、ユーザーを立体的に理解し、一人ひとりに合わせたより使いやすいサービスの提供を目指しています。

「ヤフーバリュー」について

ヤフーには、「ヤフーバリュー」という行動指針があります。ヤフーバリューは、ミッションとビジョンを実現するために、「どのような価値を大事にし、いかに仕事をすべきか」を明確にした指針です。
今年、新たなビジョン「UPDATE JAPAN」の制定に伴い、ヤフーバリューも4年ぶりに刷新を行いました。これからも日本のあらゆる課題をインターネットの力で解決し続けていくために、一人ひとりがヤフーバリューを体現し、常にユーザーのために進化し続けていく存在でありたいと考えています。

※内容は取材時時点の内容となります。