キャリア

エンジニア部門

機械学習エンジニア(コンピュータビジョン・画像認識領域)

[東京] [大阪] [福岡]

画像データを用いた研究開発およびサービスの改善を担当

業務内容

ヤフーでは広告やeコマースなどの大量の画像データを抱えており、それらの画像データを使った、研究開発・サービス改善を日々行っています。
本職種では、実際のサービス担当者とのコミュニケーションを通して、画像認識アルゴリズムの研究開発からサービス導入までを担当していただきます。

<主な業務内容>
 • 広告画像の解析(OCR、物体検出、特徴量開発など)
 • eコマースにおける類似画像検索の特徴量開発
 • 動画データの解析(シーン境界検出、カテゴリ付与など)
 • 社内向け画像解析APIの保守、運用

必要な経験/スキル

  • 画像認識技術の研究・開発経験(1年以上)
  • PyTorch, TensorFlowなどの深層学習フレームワークを使ったコンピュータビジョンモデルの開発経験
  • Linux/UNIXの知識

あると望ましい経験/スキル

  • トップカンファレンスにおける論文採択実績
  • Horovodなどの分散学習フレームワークを使った大規模分散学習経験
  • Web APIの開発・運用経験
  • Docker、Kubernetesを使った開発経験
  • プロジェクト、またはチームのマネジメント経験

社員の声

新卒入社/5年目/20代
広告やeコマースなどの自社サービスが抱える画像に関する課題解決に取り組んでいます。 モデル開発からサービスへの導入まで一貫して担当できるため、自分の意見が反映されやすく、ユーザから良いフィードバックをいただけたときは達成感があります。 社内には大規模GPUクラスタが構築されており、Horovod等で大規模な分散学習が可能です。 そのため社内の画像データを十分に活用しながらさまざまな手法を幅広く検証できます。 業務はリモートワーク中心ですが、定期的にオンラインミーティングが設けられており、相談や雑談がしやすく働きやすい環境だと感じております。
中途入社/5年目/30代
入社当初はヤフオク!の機械学習エンジニアとして、検索ランキングモデルの改善や類似画像検索基盤の開発に従事していました。 その後、現所属の画像処理チームへと異動し、さまざまなサービスと連携しながら画像認識領域の技術開発や応用に取り組んでいます。 ヤフーには多種多様なサービスと蓄積された膨大なデータがあり、取り組むタスクも自身の興味関心や伸ばしたいスキルなどを考慮して柔軟に決めることができます。 社内には大規模なGPUクラスタが提供されており、大きな計算リソースが必要な案件にも対応できます。 また、日々発表される新しい論文や技術についてチームメンバーと議論したり、応用を検討したりできることも魅力の一つです。
キャリア採用
エントリー

採用情報 公式SNSアカウント

このページの先頭へ