キャリア

ビジネス部門

【メディア】コンテンツパートナー開発

[東京]

個人による情報発信メディアにおけるコンテンツパートナー開発業務

業務内容

ヤフーでは個人が情報を発信できるプラットフォームを提供しております。
これらのサービスは外部企業から一部コンテンツを調達して作り上げています。
本職種ではコンテンツを提供いただくパートナー(個人事業主、法人)の開拓業務ならびにパートナー管理業務を担っていただきます。
個人による発信の機会は年々広がっており、専門性の高い個人事業主や法人との取引機会が増加しています。
サービスを拡大させていくとともにパートナーの成長にも寄与できる点が本職種の魅力です。


<主な業務内容>
・コンテンツを提供いただけるパートナーへのアプローチ、契約
・パートナーのコンテンツ確認、掲載までのフォロー
・コンテンツ効果検証、改善提案

<かかわるサービス>
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース 個人
Yahoo!ニュース公式コメンテーター
Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム

必要な経験/スキル

●ウェブメディア、新聞、雑誌等の情報発信サービス内における下記いずれかの経験
 ・クリエイター、インフルエンサー、ライター等個人事業主との関係構築経験
 ・編集業務経験
●対外折衝業務への興味関心

あると望ましい経験/スキル

●メディア渉外経験

社員の声

中途入社/9年目/30代
新聞記者を経てヤフーに入社しました。Yahoo!ニュースのトピックス編集チームなどで編集者として勤務し、現在はビジネスチームの所属です。新規事業の開発プロジェクトなどを担当しながら、編集系の企画にもかかわっています。メディアビジネスは営業力だけではなく編集の知見、プロジェクトのマネジメントスキルなど広範なスキルが求められます。日々の業務内容が渉外業務から新規事業の開発まで多岐にわたるためです。裏を返せば新たな経験を積む機会が多くありますので、経験の多寡にかかわらず、メディアビジネスに関心があり、なにか1つでも自分が持っている力を生かせると思う方には、自分を成長させられるこれ以上ない環境だと思います。
中途入社/13年目/40代
前職は、民放テレビ局でお昼の情報バラエティー番組の制作をしていました。現在は、Yahoo!ニュースの情報提供元である新聞社や通信社、放送局と向き合うパートナー開発部に所属しています。この業務の面白さは、単に記事やコンテンツを調達するのではなく「新たなビジネスの成立を支援する役割を担う」という点にあります。情報提供元へのリスペクトを忘れず、「ユーザー、情報提供元、ヤフーの三方良し」を実現することが非常に大事な視点となります。そのためには日々の情報収集を心掛け、さまざまな視点でサービスについて考えることが重要です。
キャリア採用
エントリー

採用情報 公式SNSアカウント

このページの先頭へ