キャリア

ビジネス部門

コーポレートガバナンス

[東京]

Zホールディングスおよびヤフーのガバナンス担当

業務内容

本ポジションはZホールディングスに出向いただき、Zホールディングスにおける傘下グループ会社ガバナンス、取締役会、経営会議の運営や、グループ会社を含む意思決定プロセスの企画・設計などの業務を担当していただきます。
コーポレートガバナンスの領域は、経営陣の質の高い意思決定と傘下企業のモニタリングをサポートし、事業を強力に推進していく職責を担っています。
経営の監督と意思決定を支える部門として、トップマネジメントの意思決定が迅速かつ適切に行われるよう支援するなかで、経営のダイナミズムに触れることができる業務です。
適切なコーポレートガバナンスの実現のためには自社および自社グループのビジネスへの深い理解が不可欠です。
LINEとの経営統合などを終え国内最大級のインターネットカンパニーとなった新生Zホールディングスがこれからアジア発のAIテックカンパニーとなってゆくなかで国内外含めた幅広い領域に携われる点は本職種の魅力です。

<主な業務内容>
・グループ会社のガバナンス・モニタリング体制の構築、意思決定の支援
・取締役会、経営会議の事務局運営(アジェンダ選定や、付議内容の法的チェックを含む)
・社内意思決定プロセスの企画、設計(規程の策定、解釈、管理を含む)

必要な経験/スキル

いずれも3年以上

  • コーポレートガバナンス(子会社のガバナンス体制、内部統制構築を含む)に関連する業務経験
  • 取締役会等の会議体事務局業務の経験
  • 会社法に関する見識

あると望ましい経験/スキル

  • 法務部門での投資や提携に関する実務経験
  • 自社や自社グループの事業状況および事業環境の理解、これを前提とした経営アジェンダの優先付けができること
  • 持株会社における海外を含む傘下グループ企業の管理経験
  • 企業業績や財務諸表の基礎知識

社員の声

中途入社/8年目/40代
前職は同じIT業界で、経営企画や人事の仕事をしていました。ベンチャーからの転職でしたが、ヤフーは、ベンチャーの良さと大企業の良さを兼ね備えた会社だと感じています。未経験でもさまざまなチャレンジができること、人当たりの良い人ばかりで仕事を進めやすいことも魅力です。現在はグループガバナンスの部署で、グループ全体のさまざまな領域・テーマに携わっています。入社してもうすぐ10年になりますが、いまだに毎日が新しい経験ばかりで飽きることがありません。また、2020年から基本的にリモートワークとなりましたが、仕事の進めやすさとやりがいは驚くほど変わっておらず、働きがいのある環境だと思います。
中途入社/1年目/30代

2021年1月からZホールディングス株式会社の法務に出向しています。出向前は社内規程の見直し等を通じた意思決定の仕組みの整備や、人事制度の設計の支援などを担当していました。現在はLINEとのシナジーを通じた新生Zホールディングスグループの成長や利益の最大化に向け、重要事項についてZホールディングス株式会社の承認を得る体制の構築や、LINE向けのポリシーを調整するといったグループガバナンスに関する業務を担当しています。両社間に文化の違いはありながらも、互いに敬意を持ち同じゴールに向けて取り組んでいます。こうした経営統合の最前線において会社間の架け橋になり、知恵を絞り協力しあいながら前例のない課題を解決していくことに日々大きなやりがいを感じています。

キャリア採用
エントリー

採用情報 公式SNSアカウント

このページの先頭へ