ポテンシャル

ENGINEER

エンジニア部門

エンジニアコース(就業経験のある方)

第2新卒など就業経験のある方(応募時30歳以下かつ入社時18歳以上)

写真:会議室でのミーティング風景

ヤフーのエンジニアは、ソフトウェア開発から、インフラの構築、ユーザー行動の分析のようなデータサイエンス領域まで、非常に幅広い技術領域を担当しています。また、Yahoo! JAPANのサービスは100を超え、そのほとんどを社内で開発しているため、業務の種類には、サービス実現のための企画立案から研究開発、運用まで、さまざまなものがあります。エンジニアが担当する具体的な技術領域は、以下のとおりです。

ウェブサービス・プラットフォーム開発

Yahoo! JAPANにおける各サービスのフロントエンド・バックエンド部分と各サービスを支える基盤システムの開発を担当します。

ウェブサービス開発

Yahoo! JAPANが持つ100を超えるすべてのサービスのフロントエンド・バックエンドの設計、開発、運用を担当します。

プラットフォーム開発

Yahoo! JAPANの複数サービスが共通で利用できる大規模なバックエンドシステムの設計、開発、運用を担当します。

アプリ開発

Yahoo!天気・災害やYahoo!乗換案内などの既存アプリから新規アプリまで、さまざまなアプリの設計、開発、運用を担当します。

データプラットフォーム&サイエンス領域

Yahoo! JAPANは日本で最もアクセス数の多いサイトのひとつです。ここで生じる膨大な量のデータを活用し、ユーザー一人一人に合ったサービスを提供するためには、適切で効率的なデータ処理を行う必要があります。
これらの技術は日々進歩しているため、論文調査や国際会議への参加、社内勉強会などを通して、最新の知見を常にキャッチアップし実際のサービスに適用していきます。その中で得られた成果について学会などで発表していただく機会もあります。
具体的な業務領域としては以下のとおりです。

データプラットフォーム領域

データプラットフォーム領域では、国内最大級のHadoopやCassandraクラスタを構築、データの収集から分析、可視化環境を提供し日々増加しているYahoo! JAPANの膨大な量の利活用を支えています。また、シリコンバレーにもオフィスを有し、世界の企業と協働しながら最先端の技術を活用しています。

必要な技術

  • データセンシング
  • 分散コンピューティング
  • 分散ファイルシステム
  • データベース
  • HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)
  • 情報可視化

サイエンス領域

おすすめのコンテンツを提示するレコメンデーションシステム、ウェブ検索やコマース検索などの検索結果の最適化、ユーザーへ提示する広告の最適化などに、機械学習をはじめとしたさまざまな分野の専門的知見や技術を応用しています。

必要な技術

  • 機械学習
  • 情報検索
  • 自然言語処理
  • 音声処理
  • 画像処理

インフラ

Yahoo! JAPANの膨大なアクセスを支える基盤を構築します。ネットワークやサーバーの構築などから社内用仮想環境の開発まで、幅広い業務があります。具体的には以下のとおりです。

ハードウエア分野

OS、カーネル、サーバー、ストレージなどの知識を用いた、Yahoo! JAPANのサービス基盤企画、設計、構築、運用業務を担当します。国内最大級、数万台規模のサーバー運用を行います。

ネットワーク分野

Yahoo! JAPANのサービス・基盤を支える大規模で先進的なネットワークの企画、設計、構築、運用業務を担当します。
またBGP、MPLSを利用し、日本国内から海外へとキャリアレベルのバックボーンを自社運用しています。

クラウド分野

OpenStackに用いられる技術で、プロダクションサービスを展開しています。社内用仮想環境の企画、開発、構築、運用業務を担当します。

データセンター分野

国内外に存在するデータセンターを最適に利用しながらサービスの提供を行っています。
Yahoo! JAPANのサービスを支えるデータセンターの設計から、運用業務を担当します。

セキュリティ

Yahoo! JAPANのサービスおよび数多くのユーザーをあらゆる脅威から守っています。最新技術を導入することにより、常に進化する不正アクセスや攻撃手法に対応し、積極的に守るための業務を行います。セキュリティの業務領域は以下のとおりです。

Abuse領域

各サービスと連携し、スパムやロボット対策などのAbuse対策の企画、設計、開発、運用業務を担当します。

Security領域

認証などの技術を用い、サービスやユーザーを守る基盤構築や監視システムの企画、設計、開発、運用業務を担当します。セキュリティに関連する情報の収集、セキュリティスキャン、ペネトレーション、脆弱性ハンドリングを行い、サービスのセキュリティの品質を確保します。