Entry

Career

キャリア採用

ビッグデータエンジニア ※東京、大阪/正社員

業務内容

Yahoo! JAPANの持つ世界有数のマルチビッグデータを生かして日本の課題解決を行うために、データ基盤をより強固かつ柔軟な次世代プラットフォームとしていく挑戦を行います。

■データプラットフォーム領域
Yahoo! JAPANにおけるデータプラットフォームの開発・運用を行います。
 ・[データプラットフォームエンジニア] データ利用プロセスを支援するプラットフォーム・アプリケーションの開発や運用を担当
 ・[DevOpsエンジニア] Hadoop, Kafka, Storm, Cassandara, Presto, MySQL, Oracle, Teradataなどのミドルウエアの運用や、運用プロセスの改善を担当
 ・[ミドルウエア開発エンジニア] Hadoop, Kafka, Storm, Cassandara, PrestoなどOSSミドルウエアの開発を担当

■サイエンス領域
Yahoo! JAPANの持つマルチビッグデータ(以下、データ)利活用を促進するため、システム構築やモデリング、データ分析を担当
 ・[データ活用システム構築] データに基づき、ユーザーに最適なコンテンツを届けるためのシステム構築を担当
 ・[機械学習] 巨大なログデータから最適な配信を行うモデルを機械学習により構築
 ・[情報検索] Yahoo!ショッピングやヤフオク!、広告配信などで使われる検索エンジンをOSSベースで構築
 ・[自然言語処理・音声処理・画像処理] 自然言語処理・音声処理・画像処理の最新技術をツール化し、サービスに適用
 ・[大規模データ処理] HadoopやSparkなどを利用し、ログなどを処理する大規模なデータの処理システムを構築

■データサービス領域
Yahoo! JAPANの持つマルチビッグデータ(以下、データ)利活用を促進するための、システム・仕組みづくりを担当
 ・[フロントエンドエンジニア] データを可視化、分析、管理するシステムのフロントエンド開発を担当
 ・[データウェアハウスエンジニア] 多様なデータを組み合わせて、ユーザーの行動を自由な発想で分析できる環境を構築
 ・[データアーキテクト] データを効果的かつ安全に取り扱うためのデータマネジメントの設計を担当
 ・[データビジネス] データの利活用を促進し、社内だけでなく日本全国にも広げていくための仕組みづくりを担当
 ・[アナリスト] データ分析を行うだけでなく、全社に向けて分析手法の展開や教育も実施

※担当領域は、本選考の過程で決定します。

必要な経験/スキル

■データプラットフォーム領域
 ・[データプラットフォームエンジニア] SoEを目的としたアプリケーションに関する3年以上の開発、運用経験。
 ・[DevOpsエンジニア] ミドルウエアの運用経験ならびに運用自動化ツール(Chef, Ansibleなど)の利用経験や、コンテナやパブリッククラウドのAPIを利用したインフラストラクチャー層についてのオーケストレーション経験
 ・[ミドルウエア開発エンジニア] OSSへのコントリビュート経験ならびにJavaやC/C++によるミドルウエアの開発経験

■サイエンス領域
 ・[データ活用システム構築] C++やJavaによるデータ処理システムの開発経験
 ・[機械学習] 機械学習の理論の研究経験や応用システムの開発経験
 ・[情報検索] 情報検索システムの研究開発経験
 ・[自然言語処理・音声処理・画像処理] 自然言語処理・音声処理・画像処理領域の研究開発経験
 ・[大規模データ処理] 大規模データ処理システムを利用したシステムの開発経験

■データサービス領域
 ・[フロントエンドエンジニア] JavaScriptによる開発経験。またそのフレームワークの利用経験
 ・[データウェアハウスエンジニア] Teradata, Exadata, Amazon Redshiftでテラバイト級のデータを多く格納する大規模な分析環境の構築経験
 ・[データアーキテクト] 事業構造を元にしたデータセットの設計経験。DWHの設計・活用経験
 ・[データビジネス] エンジニア、企画、営業など異職種との業務経験(円滑なコミュニケーション能力)
 ・[アナリスト] アプリ、ウェブシステムにおいて、ログを取得するライブラリの開発を行った経験

エンジニアが働く環境

  • 端末はWindows/Macが選択可能です。
  • エンジニアが開発業務そのものに向き合う時間を増やせるよう、省略すべき事務作業などは極小化しています。
  • 開発スタイルはサービスによっても異なりますが、アジャイル開発がメインとなっており、手法としてはスクラムを採用しているチームが多いです。
    ソースコードはGithub Enterpriseで共有。自社開発のチャットベースのコミュニケーションツールが浸透しており、他組織のエンジニアともオンライン上で気軽に情報交換などができる環境です。
  • 執務室はフリーアドレス。机はあえてジグザグに配置されていて、対面でのコミュニケーションが生まれやすい工夫されたオフィスです。また作業に集中できる周囲を囲まれた椅子などもあります。
  • どこでもオフィス(社外の好きな場所で勤務できる制度)など、柔軟な働き方を支援する制度を整えています。
  • 出勤はフレックス。10時~15時がコアタイムになっているので、早めに退社し、社外の勉強会やイベントなどに参加しているメンバーもいます。
  • ユーザーに価値があるプロダクトをより多く届けるためには開発効率をあげるための手段としてCI/CDを重視しております。
    可能な限り自動化を進めていて、例えば、社内システム上でワンクリックでサーバーをたてる事ができる環境です。
  • サービスに関するユーザーの動きや売上の推移などは全て可視化されていて、ほぼリアルタイムに、どのメンバーも見る事ができます。ユーザーの声は定期的に拾い上げ、サービス開発に生かしています。
  • Yahoo! JAPANにある100を超えるサービスから生み出される閲覧データ、クリックデータ、購買データなど、Yahoo! JAPANの持つマルチビッグデータを利活用し、お客様のよりよい体験に役立たせています。
    これ程の大量かつ多様なデータを持つ企業はYahoo! JAPANしかありません。技術的な難易度は高いですが、日本の課題解決エンジンを支えるデータ部門として、日々挑戦を続けています。

エンジニアのキャリア

  • 異動希望制度「ジョブチェン」や上長と毎週1対1で行う「1on1ミーティング」を通じて、別サービスへの配置転換や職種変更など、ご自身のご志向や身に付けたいスキル・経験に合わせ、キャリアを形成できる環境です。
  • マネジメントのキャリアはもちろん、優れたエキスパート人財に与えられる「黒帯制度」など、技術スペシャリストへの道もあります。

From Entry