BUSINESS

多くのサービスを提供するヤフーは、新しい何かが生まれる場所

中村の画像
中村 美貴(なかむら みき)
2019年入社 [中途]
COO メディア統括本部 編集本部 編集

現在担当している仕事について教えてください

いわゆる「ヤフトピ」と呼ばれる「Yahoo!ニュース トピックス」を作成しています。媒体社様より配信いただいた記事をピックアップし、それに13文字の見出しを付けて関連リンクを作成する、これが一連の流れです。
また、「Yahoo!ニュース 個人」のチームにも所属しており、オーサーと呼ばれる各分野の専門家のサポートもしています。いま起きている事象に対して、専門家の意見をいただきたいときや、新しい角度から解説してほしいときに、適任のオーサーに執筆を打診します。
それから、Yahoo!ニュースのオウンドメディア「news HACK」も担当しています。
news HACKでは、Yahoo!ニュースのPRだけを目的にするのではなく、読者に価値ある何かを提供したいという思いから「1PR 1GIVE」を軸に企画を考え、取材・記事制作を行っています。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

地方のテレビ局の記者として、日々さまざまな取材をし、ニュース原稿を作成していました。私は主に事件や事故などを中心に取材する警察担当をしており、朝早くから夜遅くまで取材することもしばしば。なかなか情報がとれなかったり、精神的・体力的にもつらいときもありました。でも、同僚や先輩、後輩に支えられやりがいを持って働くことができました。
前職では会社の同僚や他社の記者、取材で出会った人などいろいろな人とかかわるなかで、仕事だけではなく人としても多くのことを学びました。

転職のきっかけを教えてください。また、ヤフーを選んだ理由は?

中村の写真

インターネットが年齢層を問わず広く普及していくなかで、ネットニュースに興味を持ちはじめるようになりました。
地方のテレビ局や地方紙の報道はその地域への浸透度は高くても、全国へダイレクトに届けられないという側面があります。しかし、ネットニュースなら地方の情報でも全国に届けることができる。
そのように考えはじめたときに最初に浮かんだのがYahoo!ニュースでした。
認知度の高さも理由の一つですが、Yahoo! JAPANのトップに編成されているニュースに信頼度の高さを感じたことが一番です。
ネット上では、フェイクニュースや根拠が不明な記事が簡単に拡散されてしまいます。

そんななかで、現場の人間が足を使って得た正しい情報が伝わらないのは、世の中の人の不利益につながるのはもちろん、報道する側にとってもつらいことだと思います。
届けるべきニュースを発信するサポートができるYahoo!ニュースで、いま仕事ができているのは本当に幸運だと思っています。

入社前のイメージとギャップはありますか?

ギャップとは少し違うかもしれませんが、記事を作ることへの姿勢や考え方が、ヤフーに入社して変わった気がします。
前職の記者時代は、取材して書いた記事が当たり前のようにニュースとして放送されていましたが、いま振り返ると、視聴者のことを意識して記事を制作しても、実際に視聴者がどのように情報に接しているのかイメージしにくい点がありました。
しかしヤフーに入社してからは、読み手側をイメージするためのデータがあり、「本当に大切なニュースは何か?」「このニュースをユーザーに届ける理由は何だろう?」と、ユーザーを具体的に想像することができました。そのようなユーザー目線を持てるようになったのは、実務で養われたということもありますが、Yahoo!ニュース トピックス編集部への異動後にうけた約1年弱のトピックス更新トレーニングのおかげだと思います。このトレーニング期間中に、Yahoo!ニュース トピックスの作り方のほか、Yahoo!ニュースとはどんなものなのか、そして社員の共通意識をしっかりレクチャーしてもらいました。このおかげで、いまではニュースをピックアップする理由を明確に意味づけできるようになりました。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

中村の写真

ニュースに対するユーザーの関心具合や反応を見ることができるのがやはり面白いですね。これはテレビの報道では経験できなかったことで、新鮮でした。例えば、ニュースを見ている人がどのくらいの人数なのか、男女比、年代などどのような属性の人が関心を持っているのか、また、コメントからユーザーはそのニュースにどんな感想を持ったのかを知ることができます。
最近では、Yahoo!ニュースのコメント欄を活用した企画なども生まれ、このユーザーからのコメントというのはYahoo!ニュースの武器の一つになっていると思います。

一日のスケジュール(朝番)

6:00

各社の記事やニュースの確認。各社のニュースやネットでの話題を確認します。朝イチの「Yahoo!ニュース トピックス」で取り上げる記事を考えながらチェックしていきます。

7:00

Yahoo!ニュース トピックスの更新。朝番より早い時間から更新業務を行っている「早番」と合流して業務を開始。朝の時間帯は各社朝刊に掲載されているような重要なニュースやスポーツ・エンタメ関連のものを中心にヤフトピを作成し、トップに掲載します。

10:00

朝のミーティング。その日の流れや業務連絡をトピックス更新に参加しているメンバーと確認、共有します。

12:00

ランチ。常にトピックスの更新が必要なのでメンバー内で時間をずらしながら交代で昼休みをとります。

13:00

昼のミーティング。朝番のトピックス更新メンバーから中継の更新メンバーに、午後の流れや業務連絡の共有などの引き継ぎを行います。

14:00

Yahoo!ニュース 個人のミーティング。兼務先のミーティングに参加。オーサー(※Yahoo!ニュースに寄稿している各分野の専門家)の新規獲得について話し合ったり、新しく入ったオーサーの活動状況などの確認を行ったりします。

15:00

作業。担当するオーサーとの打ち合わせや原稿チェック、オウンドメディア「news HACK」の記事編集など、トピックス更新やミーティングのため対応できていなかった業務に取りかかります。

17:00

終業。コロナ禍でなかなか外出ができないので、自宅で映画やドラマを見ることが多くなりました。仕事終わりにちょっとお酒を飲みながら最近ハマっている韓国ドラマを見るのが至福のひとときです。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

中村の写真

「つながり」です。
Yahoo!ニュースは、記事を配信してくださる媒体社様や、ニュースを読んでくださるユーザーがいて成り立っています。そして、Yahoo!ニュースを運営する側にも編集やデザイナー、エンジニア、媒体社様とやりとりをされる営業の方など本当に多くの職種の人たちがかかわっています。
ユーザーファーストのYahoo!ニュースであるためにユーザーとの「つながり」、記事を配信してくださる媒体社様との「つながり」、円滑に仕事をしていくうえで社内の人との「つながり」。仕事をするうえでこういったさまざまなつながりが大切だと考えています。
リモートワークに切り替わったことで、人と顔を合わせて話す機会が減ったことに少し寂しさを感じることもあります。

オフィスに出社していたときは、隣に座った人とのちょっとした雑談から何かが生まれたりすることもありましたが、いまはそれができないので、SlackやZoomで意識的に話をするようにしています。

転職を考えている人へのメッセージ、アドバイスをお願いします

ヤフーは自分がやってみたいと思うことにチャレンジさせてもらえる会社だと思います。ぜひ、ヤフーが提供するサービスにどんなものがあるのか、のぞいてみてください。サービスの数は100以上あるのでそれぞれ詳しく調べるのは大変だと思いますが(笑)。きっと、そのなかにご自身が描きたいビジョンがみつかるはずです。私は入社以来からYahoo!ニュースに携わっていますが、これまでさまざまな領域が連携して新たな取り組みやコンテンツが生まれてきました。多くのサービスを提供するヤフーは常に、新しい何かが生まれる場所だと思っています。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ