ENGINEER

ユーザーの生活に直結したサービスを作り出せる

勝野の写真
勝野 祐輔(かつの ゆうすけ)
2018年入社 [中途]
COO ショッピング統括本部 プロダクション2本部 システム企画

現在担当している仕事について教えてください

Yahoo!ショッピングにおける、注文関連システムの企画を担当しています。具体的には、ヤフーのシステムと、提携企業であるPayPayやZOZO、ヤマト運輸などの外部システムと連携し、サービスを展開することがメインの業務です。
例えば、Yahoo!ショッピングでPayPayの支払い機能を使えるようにするにあたり、インターフェースをどう整えればユーザーが混乱することなく決済できるのか、といった設計方針の検討をはじめ、提携先との協議、開発担当とのやりとり、テストの実施、リリースの承認など、さまざまなことに携わっています。
私たちのチームはバックエンドシステムを担当していますが、「連携した情報をどのように表示すればユーザーにとって使いやすいのか」の調整にあたり、デザイナーやフロントエンドエンジニアと都度すり合わせをしています。日ごろから自分も1人のユーザーとしてサービスを利用し、その利便性を検証したり、他社の類似サービスの調査をしたりしています。
ここ数年は他サービスとの連携も増え、Yahoo!ショッピングのシステムとどうつなぐのかはもとより、すでに連携済みのサービスへの影響を考えたり、外部サービス同士の連携も視野に入れたりと、業務範囲はどんどん大きくなっています。それによってかかわる人も増えているので、全体最適化を意識しながら業務にあたっています。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

勝野の写真

規模の大きいヤフーのサービスの1つに自分がかかわっていることを実感できること、そして、自分の業務がユーザーと直結しているところですね。
例えばPayPayはヤフーでも多くの社員が利用しており、その人たちから受けたフィードバックをサービスに反映することも多々あります。このように身近な人がユーザーであることは、開発にかかわる人間として優位なことですし、自分も1人のユーザーとして「サービスを使いやすくするにはどうすればいいのか」を試行錯誤しながら日々面白さを感じています。

前職はどのような仕事をしていましたか?

Sierにて旅行系の開発に携わっていました。当初は宿泊施設向けシステムを担当するエンジニアだったのですが、途中から企画の仕事に携わるようになったのです。この経験が、開発から設計、設計から企画というように、上流の仕事に関心を持つきっかけになりました。

転職のきっかけを教えてください。また、ヤフーを選んだ理由は?

企画の仕事を通じ、「ユーザーに快適に使ってもらえるサービスをどう作れば良いか?」といった、「モノづくり」の輪郭を描き出す工程に面白さを感じるようになり、この道をもっと突き詰めたいと思うようになりました。
職種や業種へのこだわりはなかったものの、BtoCのサービスに携わりたい思いが強くありました。転職先として考えた会社は複数ありましたが、そのなかでもヤフーは知名度が高く、Yahoo! JAPANのトップページから多くのサービスが広がっているところに魅力を感じました。「自分もこの一端にかかわれるのなら、それが大きなやりがいになるはず」という思いから志望しました。

ヤフーの魅力を教えてください

勝野の写真

1つは、上司との距離が近いところです。私は、目指すゴールは同じでもそのプロセスは人それぞれだと思っています。そのため、自分のアウトプットが上司の想像していたものと違うということもときとして起こるのですが、自分がどのように考え、このプロセスを選んだのかをきちんと説明すれば、納得してもらえることは非常に多く、自律的に仕事に取り組めていると感じています。また、メンバー同士でも質問がしやすい雰囲気で、フォローが厚いので精神的に安定して仕事にのぞむことができています。
もう1つは、ライフワークバランスが取りやすいことです。前職ではお客さんの都合に合わせて働くことも多かったのですが、ヤフーはフレックスタイム制で業務のコントロールもしやすい環境なので、働きやすくなったと感じています。家族との時間もしっかり確保できています。

入社前のイメージとギャップはありますか?

仕事の進め方です。前の会社は社員が20人くらいでしたし、大企業で働くこと自体が初めてでした。当初はヤフーの規模からも仕事はトップダウンが多いのだろう、と勝手に想像していたのですが、実際は自分が意思を示せばどんどん任せてもらえる土壌がありました。私はやりたいことが明確のほうなので、入社できて本当に良かったと思っています。

前職で培ったスキルを生かせていると感じるのはどういうときですか?

私は、企画の本質は課題の根本を見極め、整理、調整することだと思っているので、関係者の落としどころを見つけながら改善策を提案し進めていくことは特に意識しています。
これに加え、エンジニアの経験があることは大きいですね。開発にあたり、求められている技術の難易度をはじめ、工期としてどのくらいの時間を見ておく必要があるのかなど、技術側のメンバーと同じ目線で話ができるので、お互いに納得感を持って進めることができていると思います。

リモートワークで工夫していること、気を付けていることは?

人とのコミュニケーションをより積極的に行うようになりました。オンライン下では、周りの仕事ぶりが目に見えず、細かなコンディションをはかり切れない部分があるので、チームで行う朝会ではあえて業務に関係しないことを話題にあげたり、困りごとを後回しにせず、すぐに話して解決したりすることを意識しています。
このほか、仕事の過程が見えづらくなるので、リリース時期を厳守する、案件の効果を明らかにするなど、結果をより明確に示すことを意識しています。

一日のスケジュール

9:30

自宅で業務開始。メール、Slack、その日のミーティングの予定やToDoなどを確認します。

10:00

チーム朝会。簡単な業務連絡や雑談をします。

11:00

開発チームとのミーティング。進捗状況や新規案件の共有をします。

12:00

ランチ。自炊をしたり外に食べに行ったりします。

13:00

プロジェクトの定例ミーティング。常に複数のプロジェクトが並走しているため、同じ日に複数回のミーティングを行うことも。

15:00

新プロジェクトの要件資料を作成。

17:00

本部長への報告ミーティング。案件の進捗報告、新機能の相談などをします。

18:00

上司との1on1ミーティング。

18:30

終業。

今後のキャリアについて、どうお考えですか?

引き続きディレクション業務に携わりたいと思っています。また、ヤフーは個人よりも組織で動くことを重要視しているため、チームや部門という単位で大きな成果を出していけるよう、将来的にはマネジメントのポジションを目指していきたいです。役職が付けば、いままで以上に上流の案件にかかわることが増えるでしょうし、企画の入り口から携わる機会にも恵まれると思います。そう考えると、大きなモチベーションになります。
まずはリーダーを目標とし、ゆくゆくは複数の部門をまとめられる人財になりたいですね。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

勝野の写真

「やりぬく」です。
与えられた課題に対して、必ず一度自分の答えを出すことを大事にしています。
前職では、取引先のサービス開発に携わっていました。毎回、同じ人、同じ会社さんと仕事をするわけではないため、当然ながら案件ごとに求められることや方針が違います。そのなかでも成果を出していくには自分の考えや技術を示すしかないということを学びました。この経験から、与えられた仕事を「やりぬく」大切さを実感しました。
ヤフーに入社した当初も、誰が何を担当しているのか分からない状況のなか、知らない人にも積極的に働きかけて仕事を進めなければならない状況に置かれました。

最初は少し及び腰になったものの、「ヤフーのやり方を探るのではなく、いままでやってきた方法を試してみて、必要に応じてその都度方向転換しよう」と気持ちを切り替えて取り組んだところ、結果につなげることができました。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ