ENGINEER

趣味と仕事、それぞれで得たことを相互に生かせている

今奈良の写真
今奈良 翔平(いまなら しょうへい)
2018年入社 [新卒]
テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラエンジニア

現在担当している仕事について教えてください

インフラエンジニアとして、社内のほぼすべてのサービスの基盤となっているデータセンターのネットワークに関する業務を担当しています。日々の定常的なネットワークの構築や変更などの設定作業、問い合わせ対応、故障時の障害対応、現地のデータセンターに出向いてのメンテナンスや物理機器設置、関連するソフトウエア開発など、業務内容は多岐にわたります。ときにはデータセンター内の古くなった機材を新しいものに取り替える作業も発生するのですが、そのときは現地に出向くこともあります。
ITインフラに関する知識は、独学で身に付けました。幼い頃からコンピューターに触れることが好きで、自宅にサーバーを置いたり、自分で買ったネットワーク機器をいじったりしていました。そのうちにITインフラに興味を持つようになったのです。

在学中の専攻、研究内容は?

大学では工学部の通信工学科に所属し、電気や電波について学んでいました。脳波を使った機器の制御や、人の脳と外部の機器をつなげる技術「ブレイン・コンピュータ・インターフェース」について研究していました。

ヤフーを選んだ理由は?

今奈良の写真

きっかけはインターンシップでした。大学3年生の頃、自分の使っている機材よりもさらにレベルの高いものに触れてみたいと思い、ネットで調べていました。そのときにヤフーのインターンシップを見つけ、「ここなら自分の望むような機材を扱うことができる」と考えて申し込みました。
インターンシップは5日間。ヤフーのデータセンターでさまざまな機器が動いているところを目の当たりにし、機材の設置やマウントも体験できました。オフィスではネットワーク機器の構築、エンジニアリングを行いました。
インターンシップに参加したことで、漠然としていたヤフーへのイメージが明確になりました。

私も日常的に使っているヤフーの各サービスを滞りなく提供するために、インフラの構築・運用・保守に関わっている人たちがいると知れたのは、大きな刺激となりました。
参加したチームの空気感も良く、「こういう職場で働いてみたい」と素直に思いました。

選考中、不安だったことはありますか?

就職活動を始めたのが一般的な時期より早く、ヤフーは私にとって1社目の選考であったこと、面接での雰囲気も悪くなかったことから最後まで大きな不安はありませんでした。面接では、これまでITインフラについて学んできたことをアピールしました。インターンシップを通じて、自分が身に付けてきた技術を業務で生かすことができそうだと感じていたので、実は少し自信もありました。
一定の手応えを感じた一方で、それまで現場のプロと技術的な会話を交わした経験があまりなかったので、面接で的外れなことを話してしまっていないかどうか少しだけ心配はありました。
結果として無事内定をもらえたのですが、インターンシップで先輩たちと会話を重ねたことで「自分はこういうことができる」とアピールできたのが良かったのかもしれません。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

趣味と仕事、それぞれで得た知識や経験を相互に生かせることです。業務上の課題を趣味で得た知識で解決する、業務で経験したことを自宅で試してみるなど日常的にITインフラに触れています。社内で議論する場面では、採用されるかどうかは別として、趣味で得た経験をもとに提案をすることもあります。学生時代からの趣味を仕事にできたことで、充実した日々を過ごせていると思います。
また、個人では買えないような高価な機器に日々触れられて、その知見を共有できるメンバーがいる点も、仕事の醍醐味ですね。ときに社内では扱っていない分野の新しい知識が必要になる場面もあるのですが、そういうときにプライベートで耳にした情報を社内で共有することもあります。

入社してから苦労したこと、そこから現在に生かしていることは?

入社して1年弱の頃に機器の設定を誤ってしまったことがありました。その数カ月後にミスが顕在化して一部のサービスに影響を及ぼしてしまったのです。ネットワークは通信の通り道なので失敗をすると影響が大きく、修復が大変でした。あらめて、ITインフラの領域は学ぶことを止めてはいけない重要な部分だと痛感しました。
トラブルを経験して、確認することの重要性を再認識した一方で、人間は完璧ではなく、ミスをするものだということも実感しました。つまり、確認作業は人が行うのではなく、可能な限りソフトウエアを使ったアプローチで解決する必要があると考えたのです。現在も引き続き、解決手段を試行錯誤しているところです。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

今奈良の写真

1on1ミーティングです。週1回、30分程度の上長とのミーティングで、自分がいま携わっているタスクにおける困りごとを共有し、どのように作業を進めていけば良いかを話し合っています。1on1ミーティングでチームの方向性やプロジェクトの方針など、より深い話を聞くことで、いっそう効率的に業務を進められるようになると感じています。
技術活動費用補助制度TechUPも活用しています。ヤフーは自社のデータセンターがあって、自社のインフラ基盤でサービスを提供しているのですが、一方でほかの会社が利用するインフラ基盤(「パブリッククラウド」)を使う機会はありません。TechUPではパブリッククラウドの利用費も補助してもらえるので、これを利用して他社のインフラ基盤を確認しています。

パブリッククラウドは利用者が多いことから皆が満足するようなインフラ基盤を設計しており、ヤフーとの違いがたくさんあります。ほかと比較することでヤフーのインフラ基盤の良い部分や改善点が分かり、より良いネットワーク環境づくりに生かすことができるのです。

リモートワークに移行して変化したことはありますか?

フレックス制度のコアタイムがなくなったのはうれしいです。それまでは業務で気になることがあると、ついつい夜遅くまで作業してしまうことが多かったのですが、それでも翌日はコアタイムに間に合うように朝8時には必ず家を出なければなりませんでした。正直体力的にキツい部分もあったので、コアタイムがなくなってから、そんなときは出勤時間を後ろにずらすことができるようになったのでとても助かります。

一日のスケジュール

11:00

業務開始。その日のタスクを確認して優先順位を決めて作業に取り掛かります。じっくり取り掛かる作業は午後に回し、午前中は短時間でできる作業を複数こなすことが多いです。

13:00

昼休憩。外に出る日もありますが、基本的には自宅でお昼を食べています。ときには仮眠をとることも。

14:00

チーム定例ミーティング。チームメンバーの現在の業務内容やスケジュールの把握、チームとしての業務の課題の共有とその議論を行います。

15:00

上長と1on1ミーティング。時間は30分ですが、業務の進捗確認やちょっとした困りごとの共有、雑談など内容はとても濃いことが多いです(笑)。

15:30

利用者からの問い合わせ対応。相談内容は多岐にわたり、依頼者の困りごとを解決に導けるように技術的な調査を行って、回答します。このほかにも定常的な設定作業や、故障した機器の復旧作業など細かくさまざまな作業を行っています。

17:30

開発作業。一日の後半はその日のタスクが落ち着き、まとまった時間をとれるようになるため、夕方から夜にかけて開発作業をすることが多いです。手動で行っている設定作業の自動化、細かいバグの修正やコードレビューなどを実施します。

19:45

その日に新しく入ってきたタスクの整理を行い、それぞれの優先度や期限を確認して翌日の作業内容を決めます。

20:00

終業。

ヤフーに入社して成長したこと、今後の目標を教えてください

チームの一員として使命感を持ってITインフラと向き合うようになりました。
学生時代の自分にとってITインフラは趣味で、自分一人で行う作業でした。自分だけの作業なので失敗しても自分だけが困るだけでしたが、仕事となるとそうはいきません。もし何かトラブルが起きれば会社全体が困ってしまいます。学生時代と社会人になったいまとでは責任感の大きさが変わりました。
これからは勤務年数が長くなる分、多くの経験を積んでいくことになります。これまでの業務で得た知見を生かし、先輩たちのように周りを巻き込んで仕事に取り組める人になりたいですね。今後、会社が大きくなるにつれてITインフラの規模も成長していくと思います。その成長を自分の目で見届けると同時により発展させていきたいですし、そこに継続的に関わっていけたらと思っています。私はいまの仕事が好きなので、この先もITインフラ領域を長く支えていきたいですね。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

今奈良の写真

「当事者意識」です。ITインフラを支える立場として、自社のインフラ基盤に対して「自分たちのインフラ」という意識がないと、徐々に脆い基盤になってしまいます。基盤が脆くなると、会社のサービスの提供において稼働率が落ちる、利用者が満足に使えなくなるなどの不利益が発生してしまうので、常に「自分たちのインフラ」という意識を持ってITインフラを支えていきたいと考えています。大げさではなく、インフラ基盤は会社のサービスのすべてを支えているのです。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ