BUSINESS

社員と会社はフラット、イコールパートナーであるべき

きしもとまさきの画像
岸本 雅樹(きしもと まさき)
2006年入社 [新卒]
コーポレートグループ ピープル・デベロップメント統括本部 カンパニーPD本部 部門人事(部長)

現在担当している仕事について教えてください

入社以来、一貫して人事を担当しています。ヤフーには大きく分けると全社的な採用や人事制度に携わる部門と、各部門の事業部人事を担当する部門の二つがありますが、私が現在担当しているのは後者です。具体的には採用、育成、評価、異動といった人事にまつわることすべてに携わっています。
私たちは事業部のパートナーとして、相談に乗ったりアドバイスをしたりなど、協力体制を敷いて日々人にまつわる課題に向き合っています。部長である私の役割は、会社における人事の方針をチームのメンバーや各部門に伝え、正しい意思決定が現場で行われるようにサポートを行うことです。社内を総合的かつ横断的、俯瞰的に見たうえで意思決定しています。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

社員と会社はフラット、イコールパートナーであるべきだと常日頃から意識しています。会社は社員に業績への高い貢献を求める代わりに、社員が自ら持っている才能を十分に発揮できる環境を用意する、そのような対等な関係でないと会社は成長していかないですし、人事は社員側、会社側のどちらにも寄りすぎてはいけないと考えています。

ヤフーを選んだ理由は?

私は環境に左右されず、自分の力を発揮したい、という思いを強く持っていました。
そんななか、障がい者採用ではない通常の会社説明会に健常者の学生に混じって参加したのですが、それがヤフーとの出合いでした。採用担当者はおそらく、車椅子の学生が来るとは想定していなかったと思いますが、その場ですぐに「こちらへどうぞ」と段差のない入口の方へ誘導してくれて、ほかの学生と同じように対応してくれました。その後、ヤフーでの働く環境や、社内の雰囲気を知るにつれ、この会社であれば大丈夫だという確信を持てました。当時、黎明期だったインターネット業界にも興味がありました。
入社してからは、周囲の雰囲気などから他のメンバーとの壁を感じたことは一切ありません。すごくいい人ばかりと仕事ができていると思います。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

人事の仕事に携わっていて一番やりがいを感じるのは、社員一人一人が「いきいきと働いている」と感じる瞬間に立ち会えたときです。われわれ社員が力を発揮できれば企業の力は何倍にもなるし、逆に十分に発揮できなければ企業は弱体化してしまう。そういう部分にダイレクトに働き掛けることができるので、いまはとても充実しています。
ヤフーで働いている社員が仕事を心から楽しめていて、「会社に行くのが楽しい」という声を聞くと大きなやりがいを得られます。適材適所に人材を配置するためのキーワードは、社員を「よく知ること」。社員のことをよく理解して、いかに能力を発揮できる、情熱を傾けられる場所を用意できるかが重要だと思います。

社員が考えていることを知るために、本人や同じチームのメンバーにヒアリングしたり、部門の責任者、役職者とも密に情報交換を行うよう努めています。また、サーベイなどいくつかの手段を活用して、部門ごとの問題点を可視化する取り組みもしています。
2012年に導入された、1on1ミーティング(上司と部下による1対1のミーティング)も大きな効果があったと実感しています。導入前より上司と部下の対話は格段に増えましたし、会社の成長にも寄与していると思います。

ヤフーの魅力を教えてください

常に変化が絶えないこと、世の中へ大きな影響力を持っていることです。ヤフーはこれまでインターネットの領域でさまざまな事業を展開してきましたが、これからも世の中をより便利に豊かにしていく新しいサービスを積極的に展開していきます。

一日のスケジュール

9:00

出社。メールチェックとその日のタスクを確認。

10:00

ミーティング。担当している部門の責任者と、部門の人事課題に関してディスカッションをします。

12:00

ランチ。社食で食べることが多いです。週替わりのラーメンがいつも楽しみです。

13:00

部内ミーティング。社内の動きの共有や目標の進捗などの確認、課題に対して皆でディスカッションをします。

15:00

担当部門の経営会議。事業の目標に対する人事課題などを議論します。

17:00

上司との1on1ミーティング。目標の進捗確認はもちろん、自分のキャリアや部下のキャリアについても相談します。

19:00

退社。仕事後は同僚と飲みに行ったり、社外の知人と勉強会に参加したりしています。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

ノーマライゼーション休暇や、どこでもオフィス(自宅やカフェなど場所を選ばずどこでも仕事ができる制度)などの制度に加えて、オフィスがバリアフリーなのが助かります。車いすでの移動にストレスはまったくありません。

今後の目標を教えてください

社員一人ひとりの才能と情熱を解き放てる環境をつくりたい。そういう環境を実現するための取り組みをずっと続けていたいです。
私たちは売り上げには直結しない部門なので、取り組んだ仕事の成果は実感としてわかりづらい部分はありますが、私たちが働きかけたことによって社員の仕事に向き合う姿勢が変わったり、社員から「ありがとうございます」と声を掛けられたりすると、幸せを感じますね。

ヤフーを志望する方へのメッセージをお願いします

ヤフーは「UPDATE JAPAN」を掲げているので、同じ思いを持つ人にはぜひ志望してほしいです。企業の掲げる理念に賛同できるかどうかは、当然ながら重要なことだと思います。大きい企業で安定していそうだから、なんとなくインターネットにかかわりたいから、という考えで志望するのも否定しませんが、「ヤフーだからこそできることをやってみたい」、「ヤフーの取り組みで自分の価値を発揮したい」という人とこそ一緒に働きたいです。
これらの思いさえあれば、ハンディキャップがあってもヤフーでは問題なく活躍できます。逆に良い意味であまり関係なく責任を持たせてもらえるので、「仕事を頑張らないと」と気合いがみなぎります。ハンディキャップによってやりづらさを感じたことはありません。私一人でできないこともあるのですが、周囲の人が快く手を貸してくれますので、とても感謝しています。なので、その辺はあまり心配しなくてもいい。ヤフーでは、あなたの障がいを、「障害」にはさせません。ぜひ一緒にチャレンジしましょう。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ