BUSINESS

ヤフーは仲間同士でお互い尊重してフォローしあう社風

まつおはるかの画像
松尾 遥花(まつお はるか)
2016年入社 [新卒]
コマースカンパニーヤフオク!統括本部営業本部 営業企画

現在担当している仕事について教えてください

ヤフオク!で出店されているストア様への営業と企画を担当しています。営業の仕事は、データを分析して改善点を提案し、ストア様の売り上げアップを支援することです。担当エリアは関東と名古屋です。企画の仕事はさまざまですが、ストア様全般に関わる販売促進のほか、リアルイベントの運営、サービスのシステム改善などを行っています。
企画も営業も、もともとやりたかったことですし、私はどんどん新しいことに挑戦していきたいタイプで、上司にもそれを伝えているので、いろいろなことを任せてもらえるよう配慮いただいています。どんどん新しい知識、スキルが身についていることを実感できる毎日は刺激的です。

ヤフーを選んだ理由は?

一つは社会に影響力のある会社だということ。もう一つは、自分を成長させてくれる会社であるという点です。学生時代はマスコミュニケーション学を専攻し、メディア、インターネットの影響力の大きさを学びました。それ以上に、3年の春に参加したインターンでの実感がIT業界へ自分を後押ししてくれました。インターンに参加させていただいたのはヤフーではなく他社だったのですが、ビッグデータを使って企画をするのは、より多くの人に良いものが届けられると思いましたし、身近な人が利用しているサービスは、自分の仕事が役に立っていることを、実感しやすくていいなと思いました。

ヤフーとの最初の出合いは企業説明会でした。採用担当者が汗をかきながら熱心に仕事内容や企業について説明してくれて、そういった社員の人柄にひかれました。また、選考過程では面接官に、「ぜひあなたと一緒に働きたいと思うが、この欠点を克服できなければ次の面接ではもしかすると難しくなってしまうかもしれない。ぜひ合格してほしいので、こういう風に改善すれば良いのでは」といったアドバイスをしてくださり、「ヤフーは人を大切に思い、育ててくれる会社なんだ」と感じ、志望度が一気に上がりました。 
入社後も、上司との1on1ミーティングでフィードバックを多くもらえるので、自分が成長した点と課題点を常に把握できる環境です。ヤフーには、「人を成長させよう」とする風土が根付いていると感じています。

選考中、不安だったことはありますか?

当時は大阪に住んでいたので、東京で働いていけるかどうか不安がありました。しかしそれを人事の方に相談したところ、同じように大阪から上京した社員の方を紹介してくれて、その方が近い距離でサポートしてくれました。それから、私はロジカルに話をすることが苦手だったのですが、はじめの面接で面接官の方から「もっと簡潔にまとめて論理的に説明ができたら絶対にうまくいくよ」と私に助言をくださいました。そのアドバイスを受けてから、この弱点は絶対に直そう! と心に決め、大学の先輩や家族を相手にして特訓しました。上司がしっかりと向き合って成長を促してくれるのは入社前も入社後も同じでした。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

営業でのデータ分析では、売り上げアップという最終目的を意識しつつ、各指標にも注目し、数字の理由を突きつめていきます。商品説明の書き方に工夫の余地があるのではないかとか、商品がトレンドに乗っていないのではなど、他社やヤフオク!全体のデータと比較しながら、改善策を提案していきます。ストア様は店舗運営で日々お忙しいので、提案を受けてすぐに対応してくださるストア様は多くはないのですが、費用対効果をしっかりと数字で示すのが重要です。各指標の数字ももちろん大切ですが、それ以上に、ストア様にしっかりと寄り添って、困っていることに対してきちんと改善案を提案していくのが、営業としての正しい姿勢ではないかと私は思います。
ある着物専門店を担当したときです。売上が思うように伸びず、悩んでいました。出店当初から1円スタートのオークション形式での売り方で勝負してきたストア様でしたが、市場のニーズと他社の動きから思い切ってほかの売り方も導入する提案をしました。その結果、お店の利益が上がり、信頼関係を築けたことで、こちらの提案にいままでよりも多く対応いただけるようになりました。ストア様の担当者と力を合わせ、一つひとつのストア様に時間を掛けて寄り添い、一緒に改善策を考えていくこと。この考え方を徹底することで営業成績のみならず、コンサルティング力も上がった気がします。

特に思い出深い仕事のエピソードを教えてください

一番思い出に残っているのは、ヤフオク!のストア様向けのイベントに運営の主担当として携わったことです。どうすれば来場者に楽しんでもらえるか考えた結果、よくある立食パーティー形式ではなく、「豪華なディナーショースタイルの授賞式」をすることに。会場のホテルではコース料理を提供して豪華な雰囲気を演出し、座って落ち着いて楽しめるように企画しました。その結果、アンケートの満足度で95%以上と、過去最高の数字をあげることに成功しました。タイトなスケジュールのなか、入社して初の大仕事だったのですが、大きな達成感を得られました。

一日のスケジュール

10:00

出社。メールチェックとその日のタスクを確認。優先順位が高いタスクから取り掛かります。

11:00

担当ストアのデータ分析。

12:00

ランチ。社食が多いですが、時間があるときは気分転換に同僚と外に出ることもあります。

13:00

プロジェクトの定例ミーティング。スピード感が大切なプロジェクトのため、毎日認識合わせと進捗確認を行います。

15:00

上司と1on1ミーティング。週に一度、30分のこの時間は、目標の進捗、今後のキャリアについて話せる貴重な時間です。

17:00

担当ストアとの商談。密なコミュニケーションが大切なので、日々電話でもコミュニケーションを取っています。

18:00

商談の振り返り。議事録など商談内容をまとめ、ほかの営業社員にも共有します。

19:30

終業。早めに帰宅できたときは、自宅で自炊します。最近は友人とダンスの練習をしています。

入社前のイメージとギャップはありますか?

繁忙期はどうしても残業が続く日があることでしょうか。ですが、後日フレックスタイム制度を使って15時に帰る日をつくるなど、勤務時間を自分で調整できるので、苦ではありません。
それから、社会人は学生と違って、ドライな人間関係だと思っていましたが、プライベートで、社内の先輩や同僚と遊ぶほど、仲が良いです。親身になって相談に乗ってくれる先輩、気持ちを前向きにさせてくれる同僚に、いつも助けられています。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

どこでもオフィスとフレックスタイムの制度です。実家に帰省していたり、病院に行きたいときなどに助かります。上司も長期の休みを取れるよう取り計らってくれるので、旅行にも行けます。休んだ人へのフォローもしっかりとしてくれるので、とても働きやすい環境です。

今後の目標を教えてください

将来は育児と両立させながら、先頭に立って大きなプロジェクトをまとめてみたいです。ヤフーはそれを実現できる環境だと思いますし、時短勤務ながらそれを実現している女性の先輩も数多くいらっしゃいます。ヤフーは働きやすさを実現する制度が整備されているということに加えて、仲間同士でお互いを尊重してフォローしあう、という社風が根付いていることが素晴らしいところだと感じています。この仕事を続けながらプライベートでも充実した生き方をしたいですね。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ