BUSINESS

ここには自らの学びと成長につなげられるチャンスがたくさんある

ふじいあさおの画像
藤井 麻男(ふじい あさお)
2018年入社 [中途]
メディアカンパニー メディア統括本部 企画デザイン1本部 企画

現在担当している仕事について教えてください

現在はYahoo! JAPANのトップページを担当する部署でメディアの運営に携わりつつ、ユーザーに、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、Yahoo!トラベルなどといったコマース系サービスの利用推進プロジェクトに関わっています。例えば「あなたにおすすめの商品」といった提案をトップページなどに表示し、ユーザーの買い物をどうやって便利にするか、といった視点で企画を考えたり進行させたりするような仕事です。ユーザーがどのような商品を見て、検索しているかに基づき、多様な分野の商品を検討いただけるように提示します。

転職のきっかけを教えてください。また、ヤフーを選んだ理由は?

前職でも広告、メディアのパートナーとしてヤフーとやりとりさせていただいていたので、ヤフーはなじみのある会社でした。私の子どもが大人になったとき、社会が良くなっていてほしい、そのような会社で働いてみたいという思いがあり、志望しました。
ヤフーのサービスは、どんどんリアルとつながりつつあるため、大きな面白みがあります。
例えば、今後キャッシュレス決済はますます広まるでしょう。私は海外旅行が好きでさまざまな国に足を運ぶのですが、中国ではキャッシュレス決済が少し前から広く普及していて、結婚式のご祝儀や屋台の支払いも二次元コードによる決済が当たり前。入社当時はまだPayPayのサービス開始前でしたが、この流れは日本にも必ず訪れると確信していました。私も仕事を通じてITの持つ力を利用しダイナミックなかたちで社会に貢献したいと思ったのです。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

ヤフーと同様にポータルサイトなどを運営している会社で、ニュースポータルの編成、ディレクション、新規メディアサービスの立ち上げなどを手掛けたほか、事業部長も務めました。トップページにどんなニュースを持ってくるかを考える編成の仕事から始まって、その後ニュースポータル全体のディレクションや事業統括にも携わっていました。

入社前のイメージとギャップはありますか?

事前に人事の方から会社の雰囲気などを聞いていたので、大きなギャップはありませんでした。ただ、毎日自分の席を自由に選べるフリーアドレスの会社で働いたのが初めてで、入社間もないころは社員の顔もわからなかったため、正直、はじめは戸惑いもありました。そして当然ながらヤフー独自の言葉やシステム、カルチャーもあるので、入社後の勉強は必須でしたが、いまはすっかり慣れてきています。
前職は社員数200人ほどの会社でしたので、規模感がヤフーとは異なります。メディアとして与える影響力も非常に大きくなります。当然そこには責任感や、世の中に影響を与える喜びが含まれています。ただ、一つのミスが大きな影響を与えることもあるので、毎日気が引き締まる思いです。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

施策を打った結果、売り上げが伸びることももちろんうれしいですが、ユーザーから「便利になった」などの声をいただくと、やって良かったと思いますね。ほかにもできることはまだまだあります。リアルなサービスとの連携でユーザーにとって最適な選択肢を提示できたら、世の中ももっと便利になるのでは、と考えたりもします。例えばスーパーの特売の時期と連動し、おすすめの商品を紹介するなど。これらが実現するかどうかは分かりませんが、大きなメディアのプラットフォームや、大きなコマースサービスを持っているヤフーだからこそ夢が膨らむのではないでしょうか。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

ソフトウエアでもサービスでもアップデートが止まった瞬間に衰退していくと考えています。学び続けることはアップデートすること。自分自身や仕事のやり方などもあらゆることでアップデートを続けていきたいです。

ヤフーの魅力を教えてください

会社でさまざまな学習の機会を得られることです。大学の研究や海外のカンファレンスやセミナーのレポート、テクノロジーやビジネススキルの研修などがあり、自らの学びと成長につなげることができます。ほかにも、個々の意思をとても尊重してくれる社風と、さまざまなサービスが関連したプロジェクトが多いことでしょうか。前職はヤフーと比べると小さな会社だったので、取り組むべき仕事は多かったのですが、おかげでマルチプレーヤーとして同時に複数の案件をこなす力はつきました。その部分はヤフーでも生かせているのかなと思います。

一日のスケジュール

9:00

子どもを学校に送った後に出社。メールなどをチェックしつつ、その日のタスクを確認します。

10:00

資料作成。見ただけで伝わるようなドキュメント・コミュニケーションを心がけていますがなかなか難しいです。

11:30

ランチ。社食で食べることが多いです。特にカレーがおいしい。事前にSlackで当日のメニューを確認できます。

14:00

担当プロジェクトの定例ミーティング。テレビ会議システムで、地方拠点や自宅などで業務を行う人とも円滑にコミュニケーションを取ることができます。

16:00

上長との1on1ミーティング。今後のキャリアや目標の進捗などを話します。

17:00

別プロジェクトのキックオフミーティング。複数のプロジェクトに並行して携わることが多いです。

18:30

終業。健康のために、少し離れた駅まで歩いて帰ることもあります。

仕事終わりや休日の過ごし方を教えてください

小学生の娘が小さいパソコンでプログラミングやゲームをするのを眺めたりしています。よくパソコンを使う仕事をしている、ライターの妻の影響もあるのかと思います。子どもたちにはやはりITに触れてほしいという思いがありますね。いまは小学生向けのプログラミング教室も数多くあるので、今後は子どもたちがプログラミングに接する機会が増える時代となっていくはずです。
ヤフーは子どもも憧れる会社だと思うので、娘がヤフーに入りたいと言ったらぜひ勧めたいですね。そのためには勉強を頑張ってもらわないといけませんが(笑)。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

朝は子どもを学校に送ってから9時頃に出社しています。ヤフーはフレックスタイム制度が浸透しているので、出社時間や退社時間の自由度は高いです。また、どこでもオフィスも活用しています。子どもが病気のときや、家庭の都合で自宅にいないといけないときに助かっています。前職よりも子育てとの両立がしっかりできるようになったと思います。
ヤフーでは、制度だけが存在するのではなく、社員みんなが当たり前のように利用していて、周囲もそれを支援する風土が根付いているので、すごくいい環境です。働き方は最先端と言い切れるほどではないでしょうか。私も業務により集中できるのはもちろん、家族もとても喜んでくれています。

5年後の自分はどうなっていたいですか?

今後も世の中に大きいインパクトを起こすようなサービス、プロジェクトに携わっていきたい。ヤフーに関わるさまざまな会社とともに大きなプロジェクトを進められるのも当社ならではです。

転職を考えている人へのメッセージをお願いいたします

ワークライフバランスを重視しながらも、面白い仕事をしたいという人には最適だと思います。大きい規模で、ヤフーならではの仕事ができるのは魅力的です。また、家庭がある方には特に働きやすい職場だと思います。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ