DESIGNER

アプリのレビューで寄せられる反響は素直にうれしいし、成長につながります

むらたちさの画像
村田 千紗(むらた ちさ)
2016年入社 [新卒]
サービス統括本部 ID・PIM本部 アプリデザイナー

現在担当している仕事について教えてください

iOS版のYahoo!メールアプリのデザインを手掛けています。Yahoo!メールはウェブやAndroidアプリも存在しており、iOSだけに特定の機能を載せることができないため、各デバイス向けにどう調整するかなどの横断的な設計を行っています。また、Yahoo!メールのきせかえテーマのデザインに関わったり、効果の検証も行ったりしています。なかでもきせかえテーマ機能は、多くのユーザーから「このテーマを待っていました」「好きなキャラクターを見ながらメールが打てて気分が上がる」などといった声をいただき、たいへん好評です。

在学中の専攻、研究内容は?

心理学部で認知心理学を学び、潜在意識の測定について研究していました。直接的にデザインについて大学で勉強していたわけではないのですが、デザインに取り組む際もそういった「人間の仕組み」という基本的な概念を考慮しなければなりませんので、いまのマインドの根底となる、とても大切なことを多く学びました。
もともとパソコンを触るのが好きで、幼いころから自分のホームページを作ったりしていたので、将来はウェブデザイナーの道を目指そうと思っていました。大学に入学するとウェブザインの本をひもといて一から独学で勉強し、2年生からアルバイト先のウェブ制作会社でコーポレートサイトや病院のサイトなど、いろいろなウェブサイト作りに取り組みました。

ヤフーを選んだ理由は?

ポートフォリオサイトに掲載した自分の作品を見た採用担当の方にお声がけいただき、面談をしました。そのなかで説明いただいた会社としての目標やビジョンに共感したことが大きかったです。
アルバイトをしていたウェブ制作会社ではクライアントに制作物を納品して終了、というパターンが多かったのですが、そこに疑問を持つようになって。自分が作ったからには世に出して反響を見て、改善や運用にも携わりたいという欲が出てきました。そう考えて希望の企業を絞り込んでいくと、ヤフーはさまざまなサービスがあってやりたいことが何でもできるのでは、と思いましたし、エンドユーザーの数も非常に多いと知っていましたので、チャレンジしがいがあると考え、志望しました。
選考過程では、会社の柔軟な姿勢にも魅力を感じました。例えば、私服での面談が可能ということ。Skypeでの面談も可能だったことなどです。採用担当者のメール文面でも普通に「!」マークが使われていたりなどすごくフランクでしたね。
面談では、会社の理念に心から共感したことを話しました。私は学生のころからデザインの力で世の中を良くすることができると考えていたので、その思いを担当者にはっきりと伝えました。

デザイナーとして入社された点で、不安はありませんでしたか?

デザインは独学だったので、ヤフーでやっていけるレベルなのか不安な面もありました。ただ、内定者同士の懇親会で、美大卒ではない人や、同じ心理学部出身の人たちとその気持ちを共有できたことで、不安はある程度解消されました。
またヤフーは研修体制がしっかりしていて、デザイナー向けの研修で学べたことは多かったです。最初はバナーなど小さい枠の中のデザインからスタートしました。デザインはロジックがないとビジネスとして成立しないので、なぜこのデザインにしたかというコンセプトの策定、それに基づいた表現の選択などを学びました。ターゲットに対するデザインのずれについて先輩から指摘を受け、目からウロコの学びが多かったです。コーディングの研修も受けました。
デザイナーは見た目を作るというイメージだったのですが、ヤフーでは動きや画面の制御などデザインの前段階の工程から任せてもらえるので、いい意味でのギャップでした。見た目を作ることだけでは完結せず、エンジニアと相談しながら考えないといけない部分も多いので、研修を経て大きく成長できたと思っています。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

ヤフーのサービスは反響がとにかく速いことです。リリースして数分後にはSNS等に感想があがります。問い合わせフォームからもご意見やアプリのレビューが寄せられます。「この機能、良いですね」といったポジティブな反響は素直にうれしいです。ときには「微妙だよね」という声もいただくこともあるので、成長につながりますし、やりがいを感じます。
Yahoo!メールのきせかえテーマ機能は、人気がありますのでフィードバックは特に多いです。きせかえテーマはリリースまでそれなりの時間を要するので、多くのユーザーが新しいきせかえテーマへ設定してくださったときは、とてもうれしいですね。

一日のスケジュール

10:00

出社。SlackやOutlookでその日の予定をチェックし、タスク管理ツールでその日やるべきことを確認します。

10:30

チームの定例ミーティング。ログやユーザーの意見を確認して、不具合がないかチェックした後、各自の進捗と、その日取り組むことの報告をします。リリース予定などスケジュールの確認も行います。

11:00

新機能のUI設計、フロー図の作成。ヤフーにはあるドキュメントツールを使ってまとめているのですが、使いやすく、とても便利です。

12:00

企画についての資料作成。次のきせかえテーマを提案。会社の目指す方向や、サービスのこと、数値を総合的に考え、「これをやりたい」というポイントも盛り込みます。

13:00

ランチ。ピークタイムからずらして行くことが多いです。社食に行くこともありますし、外にもおいしいお店がたくさんあるので、いろいろなお店に行っています。

14:00

次のきせかえテーマの企画についてミーティング。方向性に間違いはないかなど、事前に用意した議題をもとに話し合います。

15:00

デザイナーチームの相談会。相談したいことやレビューしてもらいたいものをチームメンバーがそれぞれ自由に持ち込み合う場です。レビューの際は極力「感覚」にならないよう、できるだけ明確な理由を添えるようにしています。

16:00

デザイナーの有志で開催している勉強会に参加。それぞれテーマを決めて、決められた時間で勉強し、最後にアウトプットを発表しあいます。

17:00

作業時間。新機能のUIについて、レビューで指摘があった内容についての再考や修正を行います。

17:30

エンジニアとのミーティング。検討中のUIを共有しながら、実装方法の相談をします。

18:00

上司との1on1ミーティング。自分の行動を振り返ったり、いまの仕事の進め方や今後のキャリアについて相談したりします。

18:30

その日行った作業の確認。今日やらなくてはいけないことが完了しているどうかを確認し、明日やることを大まかにまとめます。

18:45

退勤。社内の管弦楽部の練習へ。普段関わりのない部署の人がほとんどなので、仕事についての雑談も新鮮で楽しいです。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

出社することなく自宅などで業務ができるどこでもオフィス制度はとても助かっています。有給休暇を使わずに、昼休みの時間を使って行政機関や郵便局に行けます。
また、フレックスタイム制度もありがたいです。休むほどでもないけれど少し体調がすぐれないときは早めに退勤し、平日空いている病院にすぐに行けるので、健康管理にも役立っています。私はフルートが趣味で、アマチュアオーケストラに所属しているのですが、その練習やコンサート、また観劇等に行きたいときなども早めに退社しています。

学生へのメッセージ、アドバイスをお願いします

私の場合、何にでも「やらないで後悔よりやって後悔」という気持ちで取り組んできました。大学で心理学を専攻しながらウェブデザインを独学で学び、ウェブ制作もアルバイトでの経験だけ、というのは、就職を見据えたときに正直気がかりでした。心理学とウェブデザインの勉強を両立できるかも不安でした。でも、「だめだったらそのときまた考えよう」という気持ちで就職活動と向き合いました。心理学でも言われるのですが、将来への憂いというのはあまり当たらなくて、未来はどうなるか結局はわかりません。あまり先のことを考えて不安になるより、いま興味のあること、目の前にあるものに取り組むべき。自分の枠を広げるためにも、常にチャレンジすることを心掛けて頑張ってください。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ