DESIGNER

デザインを作るだけではなく、プロジェクトを推進できるデザイナーになりたい

画像
関 玖瑠未(せき くるみ)
2017年入社 [新卒]
コマースカンパニー ショッピング統括本部 UIデザイナー

現在担当している仕事について教えてください

デザイナーとして、Yahoo!ショッピングのUIデザインやウェブのコーディング( HTML、CSS、JavaScript )などを担当しています。また、UIデザインの前段階となる情報設計の工程であるガイドラインの策定なども手掛けています。ヤフーではデザイナーもビジュアル面だけでなくコーディングにも携わりますが、必要なスキルは入社後の研修と、先輩から教えていただくことで学びました。
現在、私の所属するチームにはデザイナーが6人います。Yahoo!ショッピングのサービスにはウェブとアプリの2種類存在し、両者のデザイン面を担当しています。ユーザーが見やすくて使いやすい画面を心掛けながら制作を行っています。
入社1年目は基本的な業務を覚えながら「コンバージョン率を上げるためにどんなサイトにしたら良いのか」「今より商品を購入していただくためにどんな情報をどのように配置したら良いのか」などを企画担当者や開発担当者と連携して試行錯誤を繰り返しながら改善を行いました。特に、ストアさんが情報を入力する商品ページの基本構成については、毎週のようにデザイン案を考えてはテストを行っていました。

在学中の専攻、研究内容は?

関の写真

高校時代は美術部で、このころからデザイナー志向でした。そのため大学ではグラフィックデザインを専攻し、ビジュアルデザインをメインに学んでいました。現役のデザイナーから細やかな指導を受けることができる恵まれた環境だったと思います。大学でのグラフィックデザインは本や雑誌、ポスターといった紙媒体が対象で、ウェブ関係は授業でわずかに触れた程度です。動かない紙媒体に対し、ウェブはめまぐるしく変化するものなので、まったく異なる媒体と言えます。また、考案したデザインをウェブ等で表示するためにはPCなのかスマホなのかといったデバイスの違いや画面の大きさといった、あらゆるファクターをクリアしないといけません。

そのため、まず最初は「ウェブ上で画面はこういう風に変化する」といった基本中の基本を学ぶことからはじめましたが、そのときは知識もなかったのでその勉強がとにかく大変でした。
大学での卒業制作は、絵画を図鑑化する研究です。実物を見に行くのが大変な世界中の絵画の大きさを体感してもらうという趣向で、実際に図鑑として制作しました。絵画が文庫本大のサイズに折りたたまれており、本を開けて広げると有名な絵画が実寸大で現れるというものです。普段は図鑑やウェブなどで見慣れている絵も、広げてみるととても大きくて驚いたり、逆に大きいと思っていた絵がそこまでの大きさではないと分かったりして発見があります。美術館まで足を運べない人にも、感覚で絵画を味わってもらいたくて制作しました。卒業制作展覧会では来場者の皆様に自由に作品を楽しんでいただけたと思っています。

ヤフーを選んだ理由は?

ヤフーに出合ったのは大学3年のときで、大学主催の企業説明会でした。採用担当者のTシャツとジーンズ姿に驚きましたが(笑)、穏やかな人柄に好印象を持ったのをよく覚えています。その後東京のオフィスでお会いした面接官の方も、私の話を親身に、かつフランクに聞いてくださって、シンプルに「ここで働けたらとても楽しそうだな」と強く感じました。

選考中、不安だったことはありますか?

関の写真

企業説明会では「HTMLが書けなくても大丈夫、英語もいらない」という話を聞きましたが、それらができる学生と並んだら私は採用されないのではと不安に感じていました。しかし、面接で採用担当の方といろいろお話しするうちに、入社後に手厚い研修があることに加えて、「現状のスキルよりも今まで何を学んだか、どんなマインドを持っているか」を重視しているのだと自分なりに整理することができました。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

私の作ったものが大勢のユーザーが使うサービスの一部になるので、気が引き締まると同時に、大きなやりがいを感じます。ユーザーからの肯定的な意見をいただいたり、それが数値としても表れるととてもうれしいです。ユーザーの膨大な情報を確認できるのはヤフーならではだと思います。
また、立場にかかわらず意見を言いやすい環境であり、たとえ私のような若手の提案であっても、認められればしっかり受け入れていただけます。また、私の関わっているサービスはリリースまでのスピードも速く、このスピード感も私の性格に合っているので、とても居心地が良いです。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

関の写真

チャレンジをすることで自分の成長につながると思い、この言葉を選びました。プロジェクトを推進できる存在となるために「挑戦」し続けたいと思っています。

一日のスケジュール

10:00

出社。メールとその日のタスクを確認。優先度の高いものから取り掛かります。

10:30

リリース予定案件の表示確認。実装が完了したリリース予定の案件を実機で表示し、崩れや不具合がないかなどをチェックします。不具合があればエンジニア、企画担当者と連携して即時対応します。

11:00

部署の定例ミーティング。各チームの進捗報告や、知識、体験の共有を行います。

12:00

ランチ。同期と外に食べに行くことが多いです。

13:00

コードレビュー。必ず作業者以外が目を通し、見落としを防止します。レビューし合うことで自身のスキル向上にもつながるため積極的に行っています。

14:00

新規案件の作業。企画担当者からあがってきた要望をもとに、情報設計、UI設計、実装を行っていきます。

16:30

新卒デザイナーとの1on1ミーティング。バトンリレー式に新卒と2年目以上の社員で1on1ミーティングを行い交流を深めています。芝生コーナーに座って、ざっくばらんにお話しするのが好きですね。

17:00

新規ページデザインの起案。誰でも起案ができるので、デザイナー発信の起案も多いです。この日はクーポンに関する起案をしました。数値を用いてロジカルに組み上げていきます。

18:00

保守対応。webの不具合修正や実装環境のメンテナンスを行い、効率良く業務を行える環境を日々目指しています。

18:30

明日以降のタスクを整理して退勤。退勤後はチームのメンバーと飲み会をすることもありますし、自宅に戻ってのんびりと好きなアニメや映画を見ることも多いです。

ヤフーの魅力は?

たくさんトライできるところです。失敗を恐れずに、どんどん挑戦していける雰囲気があります。
また、職種の垣根を越えた連携がしやすいのも魅力です。私は開発の方や企画の方とお話しすることも多く、業務やサービスのことについてはもちろん、働き方やプライベートなことまで熱く語り合うこともあります(笑)。

5年後の自分はどうなっていたいですか?

デザインを作るだけではなく、プロジェクトを推進できるデザイナーになりたいです。Yahoo!ショッピングの新たな機能、サービスの導入など、企画担当者が推し進めることが多いですが、それに追従するだけでなく、企画と開発目線を備えたデザイナーとして関わり、推進していきたいです。今後大きなチャンスがめぐってきたときにすぐ動けるよう準備しています。

学生へのメッセージ、アドバイスをお願いします

関の写真

たとえ未経験でもやりたいことがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。ヤフーにはさまざまな職種がありますし、やりたいという気持ちを大事にして就職活動を頑張ってほしいです。採用側は新卒、未経験者に対して完璧に近い能力、あるいは幅広い能力といったものを必ずしも求めてはいないと思います。チャレンジするマインドを大切に頑張ってください。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ