DESIGNER

志向に合わせて自分を伸ばし、柔軟にキャリアを考えられる会社です

ふじもとたかしの画像
藤本 昂志(ふじもと たかし)
2016年入社 [中途]
コマースカンパニーヤフオク!統括本部 デザイナー(リーダー)

前職はどのような仕事をしていましたか?

広告業界でデザイナーとして、ウェブサイトの制作をしており、音楽、ゲーム、証券会社、保険、などさまざまな業界、企業の案件を担当しました。広告業界を希望したのは多種多様な企業に触れることで多くを学べるのではないかと思ったためです。
前職には新卒で入社したのですが、大学ではデザイン、3D、アニメーション関連を専攻。在学中、大手広告会社が主催する旅行イベントに参加し、最終日に撮影してもらった写真が看板広告に採用され、秋葉原駅の階段上に大きく掲示されたことがありました。すると、たった1週間ほどの掲示だったのですが、連日知人からの「見たよ!」という連絡があとを絶たず、広告の影響力を身をもって感じたことで、この業界を意識するように。影響力の大きな仕事をしたいという希望と、大学で学んだデザインの技術、知識を生かしたいと考え、広告業界で働きたいと思うようになりました。

転職のきっかけを教えてください。また、ヤフーを選んだ理由は?

前職には4年間勤務し、希望通りさまざまな業界のサイトデザインに関わることができました。ただ、作ったウェブサイトの、リリース後の姿を追うことはできません。作って納品したら終わり、というフローに次第に物足りなさのようなものを感じるようになってしまいました。
「リリースしたサイトの良い部分、悪い部分に関する反応を肌で感じられる仕事がしたい」と思い、転職サイトをながめていたら、ヤフーの募集バナーを見つけました。ヤフーは小さいころからなじみのある企業でもあったので、迷わず応募しました。そして選考を通して、社員の方々の人柄の良さや、働きやすそうな社内の雰囲気を感じることができたため、入社への意欲がさらに高まりました。

入社前のイメージとギャップはありますか?

新人へのフォローがとても丁寧な人が多いことです。ヤフーは先輩が雑談も交えながら仕事も丁寧に教えてくれる。素晴らしい文化だと思います。またヤフーは、企画、エンジニア、デザイナー同士の距離が近く、意見交換がスムーズ。互いに、素直にやりたいことを伝えられるのも魅力の一つだと感じています。

現在担当している仕事について教えてください

入社当初よりデザイナーとして、ヤフオク!の部署におります。これまでは、熊本地震のチャリティーページのほか、キャンペーンの特設ページなどのデザインや実装に関わり、いまではほぼ全ての販促ページに関わっています。
昨年夏にリーダーになり1年がたちました。現場で手を動かして、ものを作っていくうちに、マネジメントによってクリエイティブに関する全体の質を上げたいと思っていたところ、タイミング良く声が掛かりました。現在チームは8人で、全員デザイナーです。
案件の開始時に企画担当者とともに決めた方向性がきちんと伝わるデザインになっているかはもちろん、ユーザーに伝えるべき内容が正しく伝わっているか、誤認を与える内容になっていないか、ガイドラインに沿っているか、などをポイントに見ています。一方、各領域で日々アップデートされていく情報量が膨大なので、キャッチアップしていくのは大変ですが、さまざまな領域の知見を得られるため、とても充実した時間を過ごしています。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

一つのチームで作り上げている実感が増したことで、より仕事に対して充実感を得られるようになりました。メンバー全員と毎週行う1on1ミーティングでは、個の成長を一番に意識しています。目標の数字達成はもちろんですが、デザイナーとして働いていくうえで、本人の考えと実際の仕事をいかに結びつけるかが大切。細やかなコミュニケーションが求められますが、楽しく、とても充実しています。一番うれしいのは報告会やミーティングでメンバーが評価されることです。
私自身もよくヤフオク!を利用しているので、いちユーザーとしての視点も入れながら仕事ができるのもやりがいがあります。いまは前職の知見を生かしながらヤフオク!をもっと盛り上げていきたい。経営視点や数値について、言葉の意味をしっかり理解し、経営側とも円滑にコミュニケーションが取れる人財を目指します。

ヤフーの魅力を教えてください

ヤフーの一番の魅力はやはり「人」です。出会えて良かったと思える人がたくさんいます。
またヤフーは、マネジメントでも、現場のプロとしての道を選んでも、どちらでも評価してもらえる会社です。それぞれの志向に合わせて自分を伸ばし、柔軟にキャリアを考えられるのが魅力です。それと、やはり規模感は大きな魅力です。ヤフーは数千万単位でユーザーがいます。多くの方々にご利用いただいているので、幅広い年代に誤解を与えないデザインでのコミュニケーションが求められます。

一日のスケジュール

9:30

出社。メールチェックとその日のタスクを確認。

10:00

作業時間。優先度の高いタスクに取り掛かります。

11:00

ミーティング。販促施策の内容や方向性のディスカッションを行います。

12:00

ランチ。近くのお店に同僚やプロジェクトのメンバーと食べに行きます。PayPayで支払えるお店が多いのも魅力です。

13:00

販促施策制作物のクオリティー確認、フィードバック。ユーザーと意図したコミュニケーションがとれているかを確認します。

15:00

メンバーとの1on1。週に1度、プロジェクトの進捗や今後の進め方について話し合います。

17:00

ミーティング。リリース間近の案件の最終確認を行います。

18:30

一日の振り返りと明日のタスクの整理。

19:00

終業。帰宅して家事をします。

仕事終わりや休日の過ごし方を教えてください

仕事終わりは、同僚とご飯を食べに行ったりします。休日もしっかり取れるので、家族と美術館巡りなどをしてリフレッシュしています。オン、オフをきちんと切り替えられるので、自発的かつポジティブに仕事と向き合えています。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

どこでもオフィス制度が便利です。台風が上陸したときなど、出社が困難なときでも、自宅で働けるのは素晴らしいと思います。また、エンジニアやデザイナー向けに、半期6万円を上限に、技術書の購入費用やセミナーへの参加費用を会社が負担してくれる技術活動費用補助制度 TechUP(テックアップ)という制度もよく活用しています。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

ヤフオク!は、20年続くサービス。それゆえ過去に作られたページやデザインが多いですが、当時のスタッフが最善を尽くし、実装、デザインをしたものだと思っています。過去作られたものへの「尊敬」を忘れず、時代の流れに合わせてさらに改良していくというマインドが大事。また、デザインだけでなく「人」に対しても「尊敬」を忘れずに日々働いています。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ