Sou Miyamura

Business

宮村 壮

2015年入社
マーケティングソリューションズカンパニー

“ヤフーの窓口”として、多面的に可能性を探る

大きな看板を背負う面白さ

就職活動のときは、広告に携わりたいと思っていました。さまざまな説明会を巡るうち、今後の広告はデジタルが中心になると感じて、ネット業界を志望。大企業でありながら、ベンチャーマインドも兼ね備えたヤフーに入社を決めました。業界内ですでに地位があるにもかかわらず、まだ上を目指す姿勢。さまざまな可能性につながる膨大なデータ。マーケットの声に合わせて、フレキシブルに変わっていくサービス。ヤフーならではのそんな姿に、ぐっと惹かれたんです。

いまは、マーケティングのソリューション営業を担当しています。クライアントの課題を解決するために、さまざまな商材を提案する仕事です。たとえば、お客様が自社サービスのユーザー属性を知りたいなら、ヤフーの分析システムを使う。ECの流通を増やしたいなら「Yahoo!ショッピング」と連携ができます。僕がメインで扱っているのは広告ですが、お客様からすれば「ヤフーの広告営業」ではなく「ヤフーの窓口」。さまざまなサービスを扱うヤフーだからこそ、多角的な提案ができるのです。誰もが知っている「Yahoo! JAPAN」の看板をフル活用して、自分の可能性を試せるのは、当社ならではの醍醐味でしょう。

史上最年少のマネージャー昇格を狙う

社内のイベントや制度も、成長に直結しています。たとえば、営業実績を全社にプレゼンする「Yahoo! Sales Award MSC営業成功事例コンテスト」。僕は入社一年目でチャレンジをして、予選を2つ突破しました。最終選考までは進めなかったけれど、カンパニー全員の前でプレゼンをして、自分に自信がついたように思います。つきっきりで資料を見てもらったり、プレゼン練習後に厳しいフィードバックをくれるなど、部署を挙げて協力してくださった方々のおかげです。

また、僕が所属するカンパニーでは、若手メンバーのための研修プログラム「マーケコンサルアカデミア」が実施されました。タイトルは全社員に提供されている「Yahoo!アカデミア」のまねだけど(笑)、マーケティングの考え方や仕事に特化した講義など、内容はとても充実しています。カンパニー単位でもこうした機会が設けられているのは、とてもありがたいですね。

いま目指しているのは、カンパニー史上最年少のマネージャー。5年目までになることを目標としています。働く以上は一番になりたいから、とことん結果を出す。そのために日々の業務や研修、社内外のさまざまな機会から、成長のきっかけを掴んでいきたいと思っています。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。