ENGINEER

エンジニアが裁量を持って関われる企業は国内でも貴重

高山の写真
高山 翔吾(たかやま しょうご)
2018年入社 [中途]
コマースカンパニー O2O統括本部 プロダクション本部 エンジニア

現在担当している仕事について教えてください

Yahoo!ダイニングの飲食予約フォームの構築を担当しており、大阪のグランフロントオフィスに勤務しています。
本サービスは、店舗管理系の機能を東京で、予約する店舗にどんな空席がありどの時間に予約するのが可能かといった予約関連機能の管轄を大阪で、と役割ごとに担当部署が2拠点に分かれています。東京と大阪という距離の離れた部署同士でのコミュニケーションの取り方などマネジメント面での難しさもありますが、目の前の仕事に集中し、将来的には企画も開発もともにできる人財になれるよう努力しています。
また、ヤフーのサービスの根幹を担う基幹システムを新しく更新するエンジニアリングにも従事しています。レガシーな環境からモダンな環境であるプライベートクラウドにプラットフォームを移行することで、デプロイやテストのスピード、正確性を上げることができ、サービスを圧倒的なスピードで作ることができるようになります。
それらと並行しながらプロジェクトリーダーとしてチームのスケジュール管理などのマネジメント業務も行っています。
マネジメントを中途入社間もなく任されるとは正直思っていませんでした。初めての経験ですが面白みも難しさも両方あり、非常にやりがいのある業務だと思っています。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

高山の写真

任されたことから逃げずに、やり抜く。自分が関わったからにはどんなかたちであれサービスを前進させる、という思いで選びました。

転職のきっかけを教えてください。また、ヤフーを選んだ理由は?

自分のキャリアを考えたときに、もっとスキルを伸ばせる会社に行きたいと思い、転職を決意しました。
前職は、日本の情報を海外に発信し、旅行会社を通じて外国人観光客の誘致を行うインバウンド事業を営む会社で、ウェブサイトの作成や運行管理システム、仕入れや発注を管理する営業用ツールなどの開発を担当していました。
そこで業務に携わっているうちに、あるとき、エンジニアとしての成長に限界を感じてしまったのです。ウェブ系のエンジニアとして成長するためにもっと勉強しなくては、と思っていた時期だったのですが、チームを引っ張って、後輩たちが成長する環境を与えてくれていたリーダーが転職したことで、壁にぶつかってしまいました。エンジニアの開発環境をよく理解し防波堤となってくれていた先輩がいなくなってしまい、他部署との調整ごとや営業案件などが非常に多くなって開発に集中できない状況になってしまいました。
牽引役が不在となったなかでも、手探りで懸命に頑張ったのですが、この会社ではこれ以上の成長が難しいと思っていたちょうどそのころ、そのリーダーだった先輩が転職先のヤフーを強く勧めてくれたのです。

大阪の拠点で働くことの魅力、良さを教えてください

高山の写真

ヤフーには、大阪オフィスを希望して応募しました。以前東京で、山手線が超満員でなかなか乗れなかったことがあって、「自分が東京で生きていくのは大変だ」と思ったので(笑)。
いまはとても働きやすいです。
待遇面でも、ヤフーは地方と本社で差がないことはとてもうれしい点ですね。
当たり前ですが休みもきちんと取れます。休日はゲームをしたり本を読んだり、家族でショッピングに出かけたりと、とても充実しています。

入社前のイメージとギャップはありますか?

大きな企業ですので、リリースまでのスピードは想像以上でした。前職では、リリースまで多くの上長承認とテストが必要でしたが、ヤフーの場合、それらは必要最低限です。といってももちろん、高い品質を確保することが大前提になりますが。個人的には、仕事の進め方、考え方はベンチャー寄りだと思います。「攻めているな、ヤフー」という印象です。
その一方で、思っていたよりもやっていることは泥臭いぞ、と感じる部分もあります。ヤフーはサービス開始から長い年月が経っているため、局所的にはレガシーなシステムやサーバーが残っています。これらをモダンな環境に変えていくことはエンジニアとして大きなやりがいでもあります。

一日のスケジュール

9:00

出社。メールをチェックしてチームの進捗状況を確認。その後自分のタスクを開始します。

10:30

チームの定例ミーティング。その日のタスクや課題を共有します。

13:30

ランチ。梅田周辺で、PayPayが使えるお店に行くことが多いです。

16:00

コードレビュー。ソースコードのレビューを行います。

20:00

終業。残業時間は多くても月に20時間ほどです。前職から残業時間は大幅に減りました。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

どこでもオフィスは非常に助かっています。マンションの防火設備点検など自宅にいなければならない日もありますので。それから半期で6万円を上限に、エンジニアとしての技術力向上に役立つ書籍などの購入費用、セミナーへの参加費用を会社が負担してくれる技術活動費用補助制度 TechUP(テックアップ)もよく利用しています。

ヤフーの魅力を教えてください

前述の制度などからも、ヤフーはエンジニアをはじめとした社員をとても大切に考えてくれている、という実感があります。
また、ヤフーには当然ながらエンジニアだけでなくいろいろな職種の社員がいるのですが、自分のそのときの志向に合わせて、異動の希望を出すことができるジョブチェンという制度もあります。社内転職といったイメージですね。
また、大阪と東京のみならず全国の拠点を常設のテレビ会議システムでつなげられるほか、Slackなど社内コミュニケーションツールが充実しているのも魅力です。

5年後はどんなエンジニアに成長していたいですか?

企画も開発もできるエンジニアとして、大きなプロジェクトでのプロダクトマネジャーやサブのマネジャーとして力を奮えられればと思っています。マネジメントのスキルをもっと磨きながら、エンジニアのこともよく分かる立場の人間となり、開発、プログラミングに注力すれば必ず成功するような高い能力を持ったエンジニアをサポートしていきたい。マネジメント力と技術力を兼ね備えることで、最前線のエンジニアとプロジェクトマネジャーとの中間点に入り運営を回していけるようなポジションが、自分の価値を最大限に発揮できると思っていますので、そこを目標に突き進んでいきたいです。

ヤフーへの転職を考えている人へのメッセージ、アドバイスをお願いします

高山の写真

ヤフーはエンジニアの裁量が大きく、サービスの根幹に直接関わることができます。
運用担当とも話をしながら仕様についてより入念に内容を詰めていくことも可能です。これだけ多くのサービス数、ユーザー数を抱えているにもかかわらず、システムの根幹部分にエンジニアが裁量を持って関われる企業は国内でも貴重なのではないでしょうか。
ヤフーには、入ってみないとわからない素晴らしい魅力がたくさんあります。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ