Yoko Ichioka

Engineer

市岡 陽子

2014年入社
ショッピングカンパニー

優れた社内の技術を、芯から理解していかしたい

安全やクオリティを担保する責任

入社してから3年間で、新しいサービスの開発や運用、既存サービスの大規模な刷新など、さまざまな案件に携わってきました。なかでも、大きなリリースの面白さは別格。入社1年目に手伝っていた「Yahoo!トラベル」のリニューアルは、とてもよい経験でした。先輩方が長い年月をかけて作り上げ、自分も関わったサービスが世に出る瞬間は、やはり興奮しましたね。リリースしたとたん、すごい数のアクセスがきたりするのも、ヤフーの規模感がなせる技。多くのユーザーを相手にしているため、品質や安全の管理は大変ですが、確かなスキルアップにつながっています。

私の役割は、企画の方々が考えたアイディアを、プラットフォームの担当者が整えた基盤を使って、サービスに実装していくこと。開発や運用をするなかで、社内に蓄積された技術やノウハウに感動する場面は少なくありません。
しかし、そうした技術のコアをきちんと理解していない自分を、はがゆく感じたことも……。
なんとなくサービスの外側を作るのではなく、プラットフォームについても知識を深めたいと考え、最近は個人的に勉強をしています。

さまざまな学びがあふれた職場

学ぶ姿勢があれば、いくらでも吸収できるのはヤフーの大きな長所です。社内セミナーやハンズオン、新しい技術のカンファレンス報告など、幅広い学習の機会がそろっています。社員にもさまざまな技術のプロフェッショナルが多いため、誰でも閲覧できるドキュメントを読むだけでも、とても勉強になりますね。すべて拾おうとすれば、インプットが追いつかないほどです(笑)。

サービスの現場で学ぶうちに、いずれは社内の基盤を支える仕事をしてみたいと考えるようになりました。これまで得た知識や技術が、基盤作りにも役立つかもしれません。ユーザーに直接関わるサービスと、裏方を支えるプラットフォーム。どちらにも対応できるようになれば、バランス感覚が磨かれ、視野も広がるでしょう。そうした経験を積み重ねて、いずれは論文を書きたい。学術的にも認められる、エンジニアのプロフェッショナルを目指していきたいです。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。