Rino Saito

Designer

齋藤 梨乃

2011年入社
メディアカンパニー

人の生活に影響を与えるウェブサービスを

“生の声”を手がかりに、ベストなデザインを紐解く

私がインターネットの楽しさを知ったのは、中学生のとき。独学でウェブサイトを作り、自分で描いたイラストを載せて、同じ趣味の人と交流していました。その流れのまま、多摩美術大学では情報デザインを専攻。在学中にスマートフォンが登場したことで、いっそうウェブへのめりこんでいきました。
リアルの生活にまで影響を与えていけるのが、インターネットの力です。だからヤフーに入社したときも、天気やニュースのように日常的で、老若男女問わず使ってもらえるサービスを手がけたいと考えていました。

そんな希望を伝えていたところ、新卒2年目で「Yahoo!ニュース」アプリのデザインを担当することに。チャンスと同時にプレッシャーも感じましたが、アプリのユーザーインターフェースをデザインする立ち上げのところから、どっぷりと関わることができました。新社会人向け研修が手厚く、先輩が丁寧に教えてくれたことも役立ちましたね。私が入社したときは、研修後にYahoo! JAPANの基本的なページを一人で作れるようになるくらい、基本的なことをひととおりマスターできるプログラムでした。

デザインするうえで大切なのは、ユーザーにとってそのページで何が一番重要なのかを考えること。特にアプリは指で直接操作するため、導線が悪いと取り返しがつきません。ビジュアルだけでなく、動きや使用シーンまで考えて設計するように心がけています。
「Yahoo!ニュース」は使っている人がとても多いサービスなので、ささいな変化にも何かしらのリアクションがあるのも面白いところ。こちらの予想とはまったく違う反応があったりもして、生の声が届くことのすばらしさを感じます。

さまざまな業務が、視野を広げていく

今年からは、同じアプリチームでディレクションも担当するようになりました。案件の仕様策定や進捗を管理するほか、数値を分析するための仕組みも設計します。他チームとの連携もでき、「Yahoo!ニュース」というサービス全体を見渡せるようになりました。
また、「Yahoo!アカデミア」で受講したプログラムも活きています。自分や相手の話をとことん聞くワークを体験してから、人の考えを深掘りして、コミュニケーションに役立てるようになりました。意識して話してみると「このエンジニアさんはこういう考えでコーディングしているから、こんなふうに働きかけよう」などと気づけます。

デザインから離れることで現場と距離が生まれるのではないかと不安でしたが、制作の最前線にいるという思いは変わりません。数値を意識する視点も生まれたので、いつかデザインに戻ったら、感覚だけではない設計ができると思います。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。