ENGINEER

世の中に役立つことができていると実感しています

塚前の写真
塚前 侑稀(つかまえ ゆうき)
2017年入社 [新卒]
コマースカンパニー 事業推進室 コマースマーケティング本部 バックエンドエンジニア

現在担当している仕事について教えてください

入社してからずっとYahoo!パートナーに携わっています。主な業務はサービスに関するプログラムの修正、改良や、データベース変更に伴う移行作業などです。エンジニアなのですが、コードを一日中書いているわけではありません。
Yahoo!パートナーはマッチングサービスなので、ユーザーのプロフィールが非常に大切です。そこで、プロフィールの入力率を上げるための提案を積極的に行っています。また、ユーザー同士で送り合うメッセージについても、企画チームの提案で新機能を追加したり、文言やレイアウトの修正なども行っています。東京のチームとはテレビ会議を通じてディスカッションしながら意見の交換をして話をまとめていきますが、物理的な距離感が仕事に影響することはありません。今後も積極的に提案を重ねていきたいです。
それから、Yahoo!パートナーとは別に新規のクロスユースプラットフォームにも関わっています。広告をどのページに割り振るかといった機能の一部を大阪でも分担していて、制作や改修を行っています。うまく時間を配分しながら日々業務を行っています。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

塚前の写真

多くの方の人生に良い影響を与える可能性を秘めていることが、このサービスのなによりの魅力です。まさに、ユーザーの人生を大きく変えることになるかもしれない。そんなサービスに携わることで、世の中に役立つことができていると実感しています。
実は学生時代、個人的に心理学を勉強していて、生年月日からデータを取ってその人の特徴などを統計化する研究を行っていました。ですので、ITで働くなら生年月日などのデータを活用できる部署で働ければと考えていました。
配属後すぐに、マッチングの確率をあげるための、生年月日を活用したアルゴリズムの提案も行いました。

これはセキュリティの問題で実現には至らなかったのですが、上長は実現性に課題のある提案でもしっかりと受け止めてくれて、今後どうしたら実現できるかといったアドバイスをしてくれました。このことで、ヤフーの社風の素晴らしさを改めて実感しました。

在学中の専攻、研究内容は?

大学卒業の資格も得られる専門学校に通い、ネットワークや機器の扱い、セキュリティの勉強をしていました。
プログラミングに興味を持ったのは、中学生のころにみたドラマがきっかけです。高校生ハッカーが主人公のドラマで、その彼がハッキング能力を駆使しながら日本の治安機関と協力をして、無差別大量殺人を目論むテロ集団に立ち向かう、といったストーリーのドラマでした。単純に主人公が格好良くって、なんとなく憧れたというのもあるのですが、そのドラマを見て、プログラミングの力を身につければさまざまなことに挑戦できるし、世の中を良い方向に変えることもできると思い、ITの世界に興味が湧きました。その後商業高校でプログラミングをたくさん学び、IT関係の専門学校へ。専門学生時に選考通過者しか参加することができない経済産業省主催の「セキュリティ・キャンプ」という勉強会にも、幸い参加させていただくことができて、これもとても良い勉強になりました。

ヤフーを選んだ理由は?

就活サイトで当時、ヤフーの社員の方とさまざまな話をできるイベントのようなものがあったので、参加しました。そこでの先輩社員の方の話から社風を具体的にイメージすることできましたし、各々のスキル向上のため切磋琢磨している社員がたくさんいることが分かり、感動したことも覚えています。そんなかたちでヤフーへの思いがつのっていき「私も技術的には通用するんじゃないか、それならばぜひ挑戦したい」と思って応募しました。
ヤフーの自由な社風も自分に合っていると思いました。当時のアルバイト先であるドラッグストアでは上下関係が厳しくて、自分の意見がなかなか通らないことに戸惑いを覚えることがありました。だからこそ、先輩社員や役職者との壁が低く、社内の風通しも良くて、自分の意見も受け入れてくれるヤフーの社風に魅力を感じたのです。

一日のスケジュール

10:00

出社。ミーティングでその日行うタスクをチームメンバーと共有。タスクの優先度を適宜考えながら業務にあたります。

12:00

ランチ。オフィスのカフェスペースで大阪の風景を眺めながら、手作りのお弁当を食べます。オフィスの最上階からの景色はとてもきれいです。

13:00

引き続き開発などのタスクをこなす。

15:00

東京の社員と開発プロダクトについてミーティング。テレビ会議システムを使います。

15:30

開発メンバーでのミーティング。開発プロダクトの認識合わせや、それぞれの相談事項などについて話し合います。

16:00

引き続き開発作業。

19:00

その日終えたタスクと、明日行うタスクの整理をして退社。退社後は梅田で晩御飯を食べたり、テニススクールに通ったりしています。

仕事終わりや休日の過ごし方を教えてください

休日にはYouTubeを見たり、テニスをしたり、友達と食事に行ったりすることが多いです。シェアハウスに住んでいるので、ほかの住民ともよく話します。平日の退勤後にテニススクールに通っているのは、プログラミングにあまりに集中しすぎてしまうと体を動かさなくなるから(笑)。趣味と体調管理を兼ねています。そこでは、社内では関わることのできないような業種の方とも話ができるので、刺激になっています。
ほかには、友人から頼まれるSNSや通信販売のデータ収集プログラムの作成をすることも。もちろん自身のスキルアップのためでもあります。会社で学んだスキルをオフで生かせたり、逆にプライベートで学んだスキルを会社で生かせたりもするので、積極的に引き受けるようにしています。

5年後の自分はどうなっていたいですか?

塚前の写真

せっかくヤフーにいるので、AIや統計データなど多くのものを活用して、いまのヤフーにはない新しいサービスを創造して、世の中に新しい風を吹かせたいという思いがあります。それと、ヤフーで展開されているサービスをきちんと理解したうえで、いつかはリーダーとなったときには、1on1などで周囲のメンバーの思いを引き出し、悩みなども解決しながら一緒に進んでいける人財になりたいとも考えています。
リーダーは、エンジニアとして技術面の知識や力量はもちろん、相手の心をくみとって適切なフォローができる能力なども求められますので大変だとは思いますが、いままで教わったこと、業務で培ってきたことをぜひ後輩に還元していければ、と思っています。

学生へのメッセージ、アドバイスをお願いします

何か一つ突き抜けたもの、興味があってトライアンドエラーを繰り返してでも何か継続しつづけてきたものがあれば、その経験はヤフーでもきっと生かすことができます。学生の皆さんには一つのことを極め、「これなら私に任せてください!」というものを作ってほしいです。
ヤフーは自分のやりたいことを叶えることができるすごく良い職場です。ぜひ一緒に、日本に新たな風を吹かせましょう!

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ