Ryuutarou Inoue

Engineer

井上 龍太郎

2009年入社
システム統括本部

技術がものを言うエンジニアの世界で、着実に

規模が大きいサービスだからこそインフラを支えたい

現在は、ネットワークセキュリティチームのリーダーを務めています。ユーザーの住所やクレジットカード番号等の個人情報を扱う、セキュリティレベルの高いネットワークを構築するポジションです。せっかく大きい企業に入るならば、そこでしかできない規模の仕事がしたいと思い、自分からインフラの部署を志望しました。
あまり表面には出ないポジションですが、舞台の大道具係のように、縁の下の力持ちらしいやりがいがあります。多様な機器を組み合わせてマネジメントしていく技術は、他ではなかなか身につけられないスキル。さまざまな役割の装置をいくつも組み合わせることで、ひとつのインフラを作り上げていきます。

また、機械に精通しているだけでは足りず、調整力も必要になるのがこの仕事の面白いところ。機器をコンパクトにまとめていくには、個別のサービスで専用システムの構築はできるだけ避けなければなりません。そんなときは、調整を施して既存システムに乗り換えてもらったり、多くのサービスで使える汎用性が高いシステムを練り上げるなどの工夫をします。社外のベンダーと連携したり、メーカーの見学に行ったり、知識とともに人脈を作っておかないと、そうした仕事は進められないのです。ネームバリューがあるヤフーだからこそ、社外のさまざまなプロから力が借りられるというメリットもあります。

マネジメントの学びにもつながった「Yahoo!アカデミア」

実践的な研修が多いのもヤフーの特徴です。ビジネスパーソンとしてリーダーシップなどを学ぶ「Yahoo!アカデミア」にも、一期生として参加しました。初めは企画や営業などビジネス寄りのセミナーかと思っていましたが、参加者は半数くらいがエンジニアでしたね。カリキュラムのひとつとして行われたプレゼン大会では、全クラス100名以上のなかから社長賞を受賞しました。実際の業務で大がかりなプレゼンをする機会はほぼないので、良い経験でした。刺激にも、自信にもつながったと思います。
一番印象に残っているのは、社外からさまざまな識者をお招きする講義です。普通ならばお会いできないような企業のトップの方々から、エネルギーみなぎるお話をたくさん伺いました。自分自身も「Yahoo!アカデミア」の受講期間中にリーダーへ昇格し、5人のメンバーをマネジメントすることになったため、人を引っ張っていくには熱量が大事だと学んだ気がしています。

今のチームはみんな年が近いので、忌憚のない意見を吸い上げつつ、メンバーの得意分野を伸ばせるように仕事を割り振っていきたいと思っています。ただし、エンジニアは技術がものを言う世界。リーダーとして上に立つことがふさわしいと思ってもらえるように、継続してスキルを磨く必要もあります。僕が憧れてきたエンジニアの方々を目指し、いずれ誰かの目標となるような存在になっていきたいですね。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。