Tetsuya Motegi

Engineer

茂木 哲矢

2011年入社
データ&サイエンスソリューション統括本部

自分で決めてきた、エンジニアとしての成長プラン

積み重ねてきた経験をさらに活かすジョブチェン

大学時代から自然言語処理やレコメンデーションを学んでいたため、配属希望はバックエンドのエンジニア。これまでに蓄積してきた知識を、幅広いユーザーがいるヤフーのサービスで活かしたいと考えていました。サービスの内側を支えるシステムは他社のパッケージを活用する企業も多いなか、ヤフーはきっちり内製しているのが特徴です。最初はレコメンドの部署に配属され、ひととおりの業務の流れを覚えていきました。そのうち、レコメンドの仕事で得た知見をさらに多くのサービスへ応用できる広告の部署に興味を持ち、「ジョブチェン」を利用して異動希望を出したんです。

ジョブチェンのイメージは社内で行う転職活動。私の場合は、レコメンドで積み重ねてきた経験が広告の仕事でも活かせることがわかっていたので、アピールに迷いはありませんでした。
もちろん、人によってはまったく畑違いの部署や職種に希望を出すことも。自分のキャリアアップや会社へ貢献できることを明確にイメージできていれば、誰でもチャレンジが可能です。
自分の身につけるべきスキルを考えたり、やりたいことへのルートを模索するなかで、とても役立つ制度だと思います。

異動で得た経験が、コアスキルを磨いていく

希望どおりの部署へ異動を果たし、今は広告のKPIを予測する仕事をしています。ユーザーにとって邪魔になりがちな広告を、できるだけ興味を持ってもらえる形で表示するためには、緻密なCTRの分析が不可欠。多くのログを検証しながら、収益なども含めた全体的な予測を手がけています。やはり、ヤフーは持っているデータの量が膨大なので、ビッグデータを効率的に扱うスキルが身につくのもうれしいところです。業務を通じて得たノウハウを論文にしたり、外部で発表する機会もあります。

ジョブチェンを活用したことで、自分のコアスキルを考えるきっかけが得られました。今の仕事を足がかりに、よりユーザーにフィットするサービスを作っていきたい。現在のヤフーでは、各サービスの担当者が個別にシステムを練っているため、全体を見たときに齟齬が生まれるケースも見られます。たとえば、車のリコールの記事が話題になっているタイミングで、記事の横に車の広告を出してしまうような失敗も、ゼロとは言えません。システムを横断して、サービス全体の最適化を図っていくためには、エンジニアやデザイナーなど職種を越えた連携も必要になるでしょう。ジョブチェンで作ってきた人脈も、きっと役立つはずです。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。