Takuya Takami

Engineer

高見 拓也

2012年入社
マーケティングソリューションカンパニー

“プロフェッショナル”として課題解決に取り組む

能動的に仕事と向き合う喜び

前職では、銀行や地方自治体で使われる会計システムなどの開発を手がけていました。失敗が許されず、制約が多い業界なので、言われたことをやるだけの受注生産がメイン。もっと課題解決に向けて主体的に取り組んだり、エンジニアとしての技術をより追求したいと考え、ヤフーに転職をしました。

現在は、「Yahoo!プロモーション広告」の開発を担当。広告運用の管理や、クライアントに合わせた出稿システムを制作しています。
ヤフーは、転職前に思い描いていたとおり、刺激がいっぱい。新しい技術を取り入れるのも速く、常に最前線を体感できるため、エンジニアにとって本当に楽しい環境です。
また、規模の大きな企業なのに、風通しが良いのもポイント。直属の上司だけでなく、本部長や執行役員も自分の考えていることをきちんと聞いてくれて、業務やこれからのキャリアについてアドバイスをくれるので、常に納得感を持って動けます。

いつも技術の活かし方を考えながら

24時間365日、世界中からアクセスされるヤフーのサービスは、想像をはるかに超えるスケールの大きさ。広告の実績を見るためのデータだけで、サイズが数TBということも珍しくありません。そんなYahoo! JAPANの広告だからこそ、「誰もが触れられるサービスを、いま自分が作っている」という感覚も味わえます。

そこでエンジニアのプロフェッショナルとして重要なのは、ユーザーの課題と向き合う真摯な姿勢です。クライアントの要望を的確にキャッチして、そこにある問題を解決するための方法を考えるのが私たちの仕事。ただ最新技術を追いかけているだけではダメで、その技術をどのように活かすのか提案をしてこそ意味があります。そのアプローチが足りないと、どんなに優秀なエンジニアでも、せっかく習得したスキルを使いあぐねてしまうのです。能動的に活用方法を模索し、課題解決に取り組むエンジニアが増えれば、チームとしての力もぐっと強くなるでしょう。
また、多くの関係者を巻き込みながら仕事を進めることも大切です。広告の開発チームはセクションごとに区切られていることが多く、自分の担当以外の領域についてはほぼ分からないという状態がままあったのですが、今は組織の刷新も進んでいます。それに、ヤフーは人財の宝庫。社内にはさまざまな分野のプロフェッショナルがいて、幅広い知識や技術を提供してくれるんです。チームの内外を問わず連携を強めていくことで、仕事が何倍にも広がり、より自分の引き出しが増えていくと思っています。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。