ENGINEER

ヤフーはエンジニアとして腕を磨き続けるためには日本有数の環境

池野谷の写真
池野谷 克俊(いけのや かつとし)
2018年入社 [中途]
テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 バックエンドエンジニア

前職ではどのような仕事をしていましたか?

ヤフーに入る前はSIerで7年間、Windows向けのファイルシステムドライバの開発やAndroidのフレームワークのカスタマイズ、iOSやAndroidのアプリケーション、スマートシティ向けのプラットフォーム開発に携わっていました。前職ではさまざまな領域に関わっていました。

転職のきっかけを教えてください。また、ヤフーを選んだ理由は?

前職の開発は、広く浅く。良く言えばオールラウンダーですが、いまの環境では、自分の得意領域を作るのは難しいと感じるようになりました。また、職位が上がるにつれて管理業務主体になっていくキャリアパスだったのですが、私は技術力を追求したかったので志向に合わないと感じていました。そんな折に出合った二つのインタビュー記事がきっかけで、人生が大きく変わることになったのです。それは、ヤフーの採用担当者とCTOである藤門さんのインタビュー記事。

採用担当者によると「ヤフーがエンジニアに求めるのは、新しい技術の習得に余念がなく、何かしらのプログラミング言語に習熟していること」で、「技術志向の高い人にもマッチする」とのこと。藤門さんの記事にも「エンジニアは誰にも負けない領域を作るのが大切」とあり、背中を押された気がしました。ITの大手なので、選考を通過できるかどうか不安ではありましたが、ヤフーならレベルの高いエンジニアと切磋琢磨しながらスキルアップできるのではと思ったため、応募に踏み切りました。無事入社したことで、得意な領域をつくるための第一歩を踏み出せたと確信しています。

選考中、不安だったことはありますか?

面接のたびに「自分の強み」をいかにアピールするかということを中心に内省を繰り返して、ブラッシュアップに努めました。前職ではオールラウンダーで、自分の得意領域が見つかっていなかったため不安ではありましたが、結果、その対策がうまくいったのか、入社できて本当に良かったと思っています。

現在担当している仕事について教えてください

サイトオペレーション本部で、CDNと呼ばれるシステムの開発を行っています。私が所属するチームは6人。CDNに携わるチームは3チームあり、メンバーは全体で20人以上になります。
CDNはウェブページや動画などさまざまなコンテンツをキャッシュするもの。Apache Traffic Server (ATS)というオープンソースソフトウエア(OSS)がシステムの主軸なのですが、私が担当しているのはATSと連携するサブシステムの開発です。例えば、キャッシュに関するさまざまな設定を管理するための仕組みづくりです。チームには優秀な人が多いので、刺激になります。そんな環境で開発に取り組むことで、私の技術力も転職前より大きく向上したと思います。

一日のスケジュール

8:45

出社。メールやSlackのチェック。

9:15

プロダクトで利用しているOSSのコードリーディング。スキルアップを目的とした時間です。

10:15

チームのミーティング。普段はスクラム形式で開発を行っているため、前日の進捗や当日の作業内容の確認をします。

10:30

スクラム形式での開発作業開始。プロダクトの新機能開発中なので、コーディングやコードレビュー、CI/CDの環境整備などを行います。

13:00

ランチ。社食か社内のカフェを利用します。カフェのパンは本当においしいのでお気に入りです。

14:00

開発作業再開。作業中に検出された課題の相談などは、ときに口頭で行うこともありますが、基本的にSlackを使って話します。

15:30

上長との1on1ミーティング。週に1回、業務上困っていることの相談や一週間の作業の振り返りを行います。

16:00

開発作業再開。

18:00

退勤。

ヤフーの魅力を教えてください

自由な風土が形成されていることです。やりたいことに対しての制約といったものはまったく感じませんし、若い人も多く在籍しているせいか常に自由闊達な雰囲気があって、勢いを感じますね。
ほかにも、エンジニアとして腕を磨き続けるためには日本有数の環境であること。インフラ、プラットフォーム、サービスと多様なタイプのエンジニアが活躍できるのが魅力です。年齢に関係なく優秀なエンジニアが多いので、常に刺激を受け続けることとなり成長につながりますし、情報も集まってきます。たまに外部の勉強会に参加するのですが、社内で共有されるイベント情報は、大手だけあってさすがに多い。少し積極的になるだけでさまざまな有益な情報を得ることができます。そういった環境も、技術力が上がった一因であることは間違いありません。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

エンジニアはみんな黙々と作業しつつも、一つのチームで動いています。そこではゴールの認識をメンバーがしっかりと共有していないといけませんし、ほかのメンバーの作業もきちんと把握して、必要なときには適宜フォローもしなければなりません。全体のパフォーマンスを維持するために必要なのがチームワークだと思い、この言葉を選びました。

仕事終わりや休日の過ごし方を教えてください

休日は家族で出かけることが多いです。近場でのドライブや、長期休暇の場合は旅行にも。健康管理のために就業後や、日曜の朝に自宅近くのジムに通って汗を流しています。ただ休日でも、1~2時間は技術書を読む時間を確保しています。それでも転職により家族と過ごす時間が圧倒的に増え、平日は帰宅後に海外ドラマを見る余裕もできました。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

技術活動費用補助制度 TechUP(テックアップ)は非常に助かっています。技術力向上に関連することなら、半期で6万円まで技術書などの購入費を会社が負担してくれるものです。私はどんどん新しいことを覚えたいので、入社前は自己負担で技術書を購入していたのですが、高額なものは欲しくても手が出せずにいました。この制度のおかげでそういった書籍も手に入れることができ、新たな技術獲得に励むことができました。習得した技術や知識は業務に活用できますし、効率化にもつながるのでとても有難い制度です。

5年後の自分はどうなっていたいですか?

池野谷の写真

入社してまだ1年。CDNの知識はまだまだ足りないと感じていますが、ぜひ得意領域にしていきたいです。チームや会社でトップクラスのレベルまで伸ばすことが目標です。CDNは縁の下の力持ちのようにさまざまなサービスの下支えになっているため、安定稼働が求められているのを日々感じています。安定稼働を第一に考えつつ、使いたいと思われるような機能を提供し、サービスの利便性を向上させるという目標もあります。
私のチームのなかには技術力の高さだけでなくCDNの運用面の知識も豊富で、マネジメントの思考もできる、非常にスキルの高い先輩たちがいるので、いまはその人たちに少しでも近づくことができるよう、背中を追いかけています。

転職を考えている人へのメッセージ、アドバイスを御願いします

私のように技術者として自らを高め続けたいと考える人は多いと思います。実際入社して、この環境は自分に合っていると感じています。技術力を追求したい人にヤフーはおすすめです。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ