Kento Matsui

Engineer

松井 賢人

2012年入社
システム統括本部

入社直後から味わえる、“求められる”喜び

すべてのサービスを支える裏方の存在

エンジニアとして、社内の各サービスを守るセキュリティの統一プラットフォームを提供しています。通常、エンジニアは「企画」「設計」「開発」「運用」というように分業されていることが多く、どうしても“ラインの一部”になってしまいがちです。でも、ヤフーでは課題に取り組む手順を決めるところから、システムを運用するまで、チーム全員がすべての段階に関わるため、やりがいもひとしお。自分の子供を育てるような気持ちで、システムを開発しています。

“求められること”は僕にとって大きなモチベーションですが、それを初めて実感できたのは、まだ入社してすぐのころ。トレーニングの一環として社内の脆弱性を可視化する仕組みを作ってみたところ、利用者が一気に増加。「すごくよくなった」という声や今後のための改善要望も次々とあがり、社内で求められていたシステムだということを実感できました。
入社2年目のときには勉強も兼ねて、Yahoo! JAPAN IDやパスワードのセキュリティをより強化するプロジェクトに参加。リアルタイムで使われているIDなので、多くのサービスに影響を与えることなく暗号化を図るのは至難の業です。それでも、ユーザー情報やメールなどを管理する他チームと連携しながら、なんとか半年ほどで実現させることができ、「全社スーパースター賞」を受賞しました。それまでのセキュリティチームの印象は、裏方で目立たない存在。華やかな賞はわかりやすい利益を生むサービスのものだと思っていましたが、この受賞をきっかけに、裏方でも評価してもらえることを感じ、今でも心の支えになっています。

成長と経験を重ね、知識を蓄える

今後のビジョンを書いた「人財開発カルテ」や、現在のスキルをもとに上司と面談する「1on1ミーティング」があるおかげで、自らの成長に直結する仕事を任せてもらえることも。チームで「スマートフォンアプリのセキュリティも考えられるようになろう」という話が出たときには、実際にアプリの開発をさせてもらいました。ほかにも、社内外の勉強会や、制限時間内で自由に開発を行うイベント「Hack Day」など、エンジニアとしての知識を磨き、自分から提案できる場が多いのもエンジニアとして楽しいところです。

ヤフーはウェブ業界でも古い会社なので、セキュリティ面などの課題にぶつかるタイミングが他社より早いことも多々あります。だからこそ、さまざまな課題の解決を重ねた経験を活かし、いずれは社外にも情報を発信できるようにしたい──そのためには経験を積み、知識を蓄えていくことが大切です。チームの動きも軌道に乗ってきたところだし、今後もどんどんセキュリティの課題を見つけ、解決に取り組んでいこうと思います。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。