ENGINEER

ヤフーのサービスを作り出していけるのは本当に楽しい

しぎょうかあいの画像
執行 可愛(しぎょう かあい)
2018年入社 [中途]
コマースカンパニー ヤフオク!統括本部 プロダクション1本部 バックエンドエンジニア

前職ではどのような仕事をしていましたか?

エンジニアとして大手電機メーカーで3年ほど、工場の生産性を向上させるための基幹システムを構築していました。たとえば、ある工場の生産ラインに対して「この作業はこのタイミングで行うのがベスト」などとコントロールし、生産性に寄与するソフトウエアの開発を1年半ほど、その後は海外のサプライチェーンを効率化するアプリケーションを制作しました。工場内部の流れを最適化するという目的でのソフトウエア開発が主な業務でした。

転職のきっかけを教えてください。また、ヤフーを選んだ理由は?

前職ではITエンジニアとして仕事内容には納得していたものの、それらBtoBでのソフトウエア開発では各工場にいるユーザーは数十人程度。「自分が作ったシステムをより多くの人に使ってもらい、社会の役に立ちたい」という思いが日を追うごとに大きくなってきて、転職を決意しました。その条件を満たしている会社のひとつがヤフーでした。コンシューマー向けのサービスも多く、ユーザー数も桁違いですから。
転職の際は、ほかにもウェブ系の会社を中心に5社ほど受けていました。もともとヤフオク!やYahoo!路線情報などのサービスが身近だったこともありますが、ヤフーを選んだのは、社内に自分より優秀で技術力が高く、専門分野に強いエンジニアが多いから。そして、性格面でも落ち着いていて良い人が多い、と感じたことも理由のひとつです。優秀な方々から刺激を受け続けられる環境は自分にピッタリだと思いました。

現在担当している仕事について教えてください

転職直後はサーバー保守対応業務から始まり、慣れてきた段階で、ヤフオク!のキャンペーンを動かすサーバーの構築にも携わるようになりました。その後、2018年の冬からキャンペーンの新しいプラットフォームの新規開発に関わって、それが最近リリースされて一段落したばかり。いまはヤフオク!からユーザーへお送りするメールシステムの開発に取り組んでいます。
ヤフーでは、アイデアをみんなで話し合いながら決めていくプロセスがとにかく楽しいですね。打ち合わせではできるだけ思い切って発言するようにしています。意見が取り入れられることもあるし、そうでないこともありますがエンジニアだけでなく企画担当の方などともホワイトボードなどを使いながら意見をぶつけ、すり合わせていくうちにどんどんと具体化されていきます。みんなで作っているという感じがしますね。
企画から実装までの期間は案件によりますが、おおむね一週間から一カ月ほどでしょうか。複雑なものをしっかり作りあげるという意味では前職の経験も役に立っていますね。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

私はもともとロジックを考えるのが好きで、そしてアイデアを形にするのも大好きなので、ヤフーのサービスを作り出していけるのは本当に楽しい仕事です。ユーザーの反応がダイレクトに返ってくるからです。SNSで検索すると良い評価も悪い評価もすぐに知ることができるのが有難いですね。お問い合わせフォームからも、ときには5分間に10~20件のペースでお問い合わせをいただくことがあります。こちらももちろん大変有難いですし、ユーザーからいただいたお言葉に励まされたこともたくさんあります。「サービスの使い勝手がよくなった」「ヤフオク!のクーポンが使いやすくなった」といったお声をいただくとやはりうれしいですね。

一日のスケジュール

9:30

出社。その日のタスクを確認して、開発業務に取り掛かります。

11:00

ミーティング。担当システムについて、チームのメンバーとディスカッションします。

12:00

ランチ。同僚と社食で食べることが多いです。気分によってビュッフェと定食を選びます。

13:00

設計、実装、テストなど。必要に応じて関係者と社内チャットや対面でやりとりしながら行います。

19:00

終業。社食で同僚と晩御飯を食べて帰ることもあります。

19:30

退社。帰宅したら、開発の勉強をしたり趣味のテレビゲームをしたりと、ゆっくりと過ごします。

入社前のイメージとギャップはありますか?

良いところは、思っていたよりも上下関係がなくフラットな職場だということです。ITでも老舗の企業なので比較的少し堅い雰囲気なのかも想像していたのですがまったく違いました。
若い役職者も多く、上にいる人は優秀だと思える。それでいて話すときは互いの立場にかかわらず自分の意見も言え、周囲もしっかりそれを受け止めてくれる。良い風土だと思います。
一方、ヤフーのサービスは24時間稼働しているため、業務として深夜に自宅で待機することもありますが、それはエンジニアの宿命みたいなものですね。ヤフーではフレックス勤務が自然なかたちで社員に浸透しているので、深夜に出勤した翌日は遅めの時間に出社してもいいし、深夜の勤務時間が一定を超えれば代休を取ることも当たり前にできます。そういう部分もしっかりしていますので、だからこそ深夜業務も頑張らなきゃと思える。高いモチベーションを保てるような仕組みがしっかりしていると感じます。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

技術活動費用補助制度 TechUP(テックアップ)は多くのエンジニアが利用しています。これは半期(6カ月)で6万円を上限に、技術力向上につながるものであれば書籍購入費用やセミナー受講費用、を補助してくれる制度です。エンジニアをとても大切にしてくれている会社だと実感しています。
それから、どこでもオフィス(自宅やカフェなど場所を選ばずどこでも仕事ができる制度)も本当にありがたいです。電車通勤のストレスから開放されるので。ミーティングが少なかったり、天気が悪い日は特に役立ちます。周囲でこの制度を使っている同僚は、子どもを病院へ連れて行ったりなど家族のサポートのために活用しているようです。

仕事終わりや休日の過ごし方を教えてください

ヤフーに入社してから始めたのですが、「運動しなきゃ!」と突然思い立って(笑)、テニスサークルに入り週に1回くらいのペースで楽しんでいます。平日は18時に退社して夕飯を食べてからコートに行きます。ラリーを続けられるようになってきたので楽しいです。前職ではなかなかそういう時間は取れなかったので。あとは、テレビゲームをしたり、買い物に行ったり。でも、平日は勉強する量が増えてきましたね。周囲の影響を受けています。

ヤフーの魅力を教えてください

社内にさまざまなサービスがあり、それぞれのデータを集めて事業の垣根を越えて融合し、「こちらのサービスで行動した人に対して、別のサービスでこういった施策を打つ」ということが可能なのがヤフーの面白みだと思います。これができるのは、たくさんのサービスを展開している企業だけですから、そう多くはない。
改めて思うのは、開発に携わっている社員は開発することが大好きなのだということです。私自身もプログラムを組むのが好き。どうしようかと考えているなかで「これでいけるんじゃないか」とひらめいた瞬間が最高ですね。ヤフーに入ってからはプライベートでこれまで使ったことがなかった言語で簡単なシステムを作ったりもしています。自分にこれまでなじみのなかった言語で可能性を探るというのは、実務にも役立ちます。

今後の目標を教えてください

技術力をさらに磨きあげて、できることを増やしたいです。他のエンジニアの皆さんと協力し、一緒に大きなシステムやサービスを作れるようになれたらうれしいですね。例えば、最近提供が開始されたPayPayフリマのような大きなプロジェクト案件の話が出たときに「執行さんなら中心となって構築してくれるはず」と言われるようなエンジニアになりたいと思っています。いまはまだそのレベルには達していませんが、周りからの信頼は積み重ねでできてくるものだと思っていますので、そのような存在になれるようこれからも頑張っていきたいです。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ