Kazuki Shibata

Designer

柴田 和祈

2012年入社
マーケティングソリューションカンパニー

社内外で刺激を受けながら、自分の武器を磨く

デザイナーが幅広い領域に携われる環境

私はもともとJavaScriptやHTML5に興味があったので、特定のサービスに惹かれて入社したわけではありません。でも、幅広いサービスとユーザーを抱え、大きな影響力を持ったヤフーでなら、自分の手がけた仕事を多くの人に届けられると思い、入社しました。
大企業だけに、トップダウンの仕事をただこなしていくイメージを持っていましたが、実際はほぼ正反対。規模は大きいのにベンチャー気質そのままで、小さなプロジェクトやチームがたくさん集まり、それぞれが自由に、爆速で自分の仕事を広げていく会社でした。

今はマーケティングソリューションカンパニーで、Twitterの広告を出す管理ツールを制作しています。もともとフレームワークや構成をきっちり考えて練り上げることが好きだったので、管理画面を作るのは楽しいですね。複雑なシステムをブラッシュアップして、美しく使いやすい成果物に仕上げていくのは、本当に快感です。

ヤフーのデザイナーが手がける領域は幅広く、フロントエンジニアのような役割まで担うことも珍しくありません。だからこそ新しい技術を貪欲に吸収して、自分だけの武器を作っていく姿勢が重要。私は自分の好きな分野を磨き、今の経験を活かして、ばりばりコードが書けるエンジニア寄りのデザイナーを目指していきたいと思っています。

多くの経験値を積み、独自のプロダクトを作りたい

最近は、社外でライトニングトークのようなイベントに登壇することもあります。もともと、いま所属しているチームのメンバーが社外の勉強会などに詳しく、話を聞いて興味を持ったのがきっかけ。自分の知見を発表するために再度勉強をし直したり、さまざまな意見を交換することで、業務とはまた違った経験値が積めます。
そのなかで見つけたのは、自分オリジナルのプロダクトを作りたいという目標です。代表作を持つことで講演にも説得力が出るし、自分にも自信が持てる。もちろん、自分の武器を磨いていくことにもつながります。

有名なサービスがいくつもあるヤフーは、動く金額やデータ量が桁違いに大きく、サイエンスの環境も整っています。各分野のスペシャリストがそろい、何をどうすればクリック率が上がるのか、デザインは売り上げにどう貢献しているのか、といった分析と改善を積み重ねているのです。ユーザー数が多いため、ちょっとした機能に対するフィードバックも、驚くほど速く内側まで届きます。そのようなデータに基づいて試行錯誤できるのは、ヤフーで働くデザイナーの強み。そこにエンジニアリングを掛け合わせて、自分だけの代表的なプロダクトが作れるように力を尽くしていきたいです。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。