エンジニア

PaaS(Platform as a Service)チームでアジャイル開発

募集は終了しました

プログラム概要

日程

8月23日(火)~9月28日(水)の間
※稼働日は週4日以上(特に火曜日と水曜日に就業可能な方歓迎)
※ただし、実際の稼働日は参加決定後にシフトを調整します

開催場所

ご自宅等からリモートにてご参加いただきます(リモート就業のためのネットワーク環境はご自身でご準備いただきます)。

プログラム内容

【概要】
ヤフーでは各種サービスを支えるために、日本最大級のPrivate PaaS (Platform as a Service)を管理、運用しています。
Private PaaSを担当しているチームではアジャイル開発手法の一つであるスクラムを実践しています。
本コースでは、このチームに参加いただき、アジャイル開発を体験しながら、Kubernetesなどのクラウドネイティブ関連技術、大規模プラットフォーム開発に関する知見、特にSREやDevOpsなどの領域のスキルを学ぶことができます。

【内容(例)】
下記のようなPaaSプラットフォームの管理、運用業務を想定しています。
・PaaSプラットフォームにおける状況可視化の拡張、改善(Go/Prometheus/Grafana)
・PaaSプラットフォームの運用作業の自動化(Shell/Go/CICD)
・PaaSプラットフォームのCDパイプラインテンプレートの拡張、改善(Shell/Go/CICD)
※内容は状況に応じて変更となる可能性があります。

プレエントリー締め切り

2022年6月6日(月)23:59

エントリーシート締め切り

2022年6月8日(水)15:00

必要な経験/スキル

・UNIX/Linux上で稼働するアプリの開発経験
・UNIX/Linuxコマンドの知識

あると望ましい経験/スキル

・Docker/Kubenetesなどコンテナ技術の利用経験
・クラウドおよび実機サーバーなどでのサービス運用経験
・Goを利用した開発経験
・Prometheus/Grafanaなどを用いたデータ可視化の経験
・スクラムなどアジャイル開発の経験

報酬等

・給与:時給1,500円
・就業時間:原則10:00~18:45(休憩1時間を含む)
※ただし、実際の就業時間は参加決定後シフトを調整します
・PC貸与(就業開始時に各種設定後発送いたします)

選考

ステップ1

プレエントリー

エントリー期限:
6月6日 23:59

ステップ2

エントリーシート提出
コーディングテスト受験

受験案内:
5月20日~
受験期限:
6月8日 15:00

ステップ3

オンライン面接

(6月末~7月上旬)

ステップ4

選考結果ご連絡

(7月中旬~下旬)

注意事項

・参加コースのご希望はエントリーシートにてご選択ください(複数選択可)。
・第1希望のコースから優先的に選考させていただきますが、応募者多数の場合は第2希望以下のコースにご参加いただく可能性があります。
・インターンシップは就業体験を目的としておりますので、18歳以上30歳以下の現在在学中(高校生を除く)の方以外の方のご応募はご遠慮ください。
・日本国内での就労資格がない方はご参加いただくことができません。

採用情報 公式SNSアカウント

このページの先頭へ