エンジニア

ヤフーのビッグデータとクラウドソーシングを利用したデータ収集・分析に挑戦

募集は終了しました

プログラム概要

日程

8月29日(月)~9月9日(金)の土日祝を除く平日にて開催いたします。

開催場所

ご自宅等からリモートにてご参加いただきます(リモート就業のためのネットワーク環境はご自身でご準備いただきます)。

プログラム内容

【概要】
本コースでは、ヤフーが持つビッグデータとクラウドソーシングを利用してデータ収集・分析に取り組んでいただきます。
コース内でさらに2つのテーマコースを用意していますが、どちらを選んでいただいても、データに浸り、データと向き合う10日間をお約束します。

<データ分析コース>
ヤフーのデータを横断的に利用し、分析・企画立案を行うことに重点をおいたコースです。
ヤフーの保有する膨大なデータを分析し、サービスを利用するユーザーの特徴を捉え、課題解決やユーザー体験の向上を目指した企画を立案いただきます。
データ分析の方法は定量的な集計、定性的な観察、モデリングなど課題に合わせて検討/選択していただきます。

<クラウドソーシングコース>
データを集めてくるところから分析を始めるコースです。
「クラウドソーシング」はインターネットを介して群衆(crowd)に作業を依頼する(Sourcing)サービスです。
今回はYahoo!クラウドソーシングを用いて、実際にデータを収集し、収集されたデータの分析や、サービスの課題を解決するための機械学習モデル構築などを行っていただきます。
すでにあるデータではなく、自分でデータを集めるところから、機械学習モデルの作成まで一連のサイクルを経験いただけます。

【内容(例)】
<データ分析コース>
具体的なテーマはスキルやご志向を踏まえ、相談のうえで決定します(以下は一例です)。
・Yahoo!ショッピングの購買ログを分析し、購買数やCVRを上げる施策を企画
・Yahoo!ニュースのデータを分析し、広告売上やコマース売上を向上させる施策を検討
・ヤフオク!のデータを分析し、LTV向上の方法を検討

<クラウドソーシングコース>
下記の流れを予定していますが、分析いただきたいテーマはあらかじめ設定し、どのようなデータを取得するか、どう分析するかは自由です。
1. Yahoo!クラウドソーシングを使ってみよう
2. Yahoo!クラウドソーシングで得られた結果を分析しよう
3. Yahoo!クラウドソーシングで得られた結果で機械学習モデルを作ろう

プレエントリー締め切り

2022年6月6日(月)23:59

エントリーシート締め切り

2022年6月8日(水)15:00

必要な経験/スキル

・Pythonでのコーディング経験
・分析、統計、機械学習に関する基礎的な知識
・PowerPointを使ったプレゼンテーション経験(特に分析コース)
・SQLの基礎知識(特にクラウドソーシングコース)

あると望ましい経験/スキル

・Hive/Presto/Teradata/SQL/pandas/Sparkのいずれかを利用したデータ分析の経験

報酬等

・給与:時給1,500円(11,625円/日)
・就業時間:原則10:00~18:45(休憩1時間を含む)
 ※上記の時間は業務により変更となる可能性があります。1日の就業時間に変更はありません。
・PC貸与(就業開始時に各種設定後発送いたします)

選考

ステップ1

プレエントリー

エントリー期限:
6月6日 23:59

ステップ2

エントリーシート提出
コーディングテスト受験

受験案内:
5月20日~
受験期限:
6月8日 15:00

ステップ3

オンライン面接

(6月末~7月上旬)

ステップ4

選考結果ご連絡

(7月中旬~下旬)

注意事項

・参加コースのご希望はエントリーシートにてご選択ください(複数選択可)。
・第1希望のコースから優先的に選考させていただきますが、応募者多数の場合は第2希望以下のコースにご参加いただく可能性があります。
・インターンシップは就業体験を目的としておりますので、18歳以上30歳以下の現在在学中(高校生を除く)の方以外の方のご応募はご遠慮ください。
・日本国内での就労資格がない方はご参加いただくことができません。

採用情報 公式SNSアカウント

このページの先頭へ