黒帯制度

黒帯制度とは、「該当分野について突出した知識とスキルを持っている第一人者」として実績を上げている優秀な人財を称賛し、新たな活躍の場を提供するための制度です。 2012年に、全従業員の半数以上を占めるエンジニア、デザイナーの才能と情熱を解き放つための施策として誕生しました。 黒帯に任命される社員は、全社員の1%以下。 現在、第7代黒帯たちが、それぞれの分野において、活動を行っています。

概要

「該当分野について突出した知識とスキルを持っている第一人者」として実績を上げている優秀な人財を称賛し、新たな活躍の場を提供するための制度です。
黒帯は、以下の期待を背負って、業務時間の一部を使い、高い専門性を発揮しながら社内外の課題解決活動などを行っています。

期待される役割

  • 技能発揮
  • 社外貢献
  • 後進育成

活動支援

  • 任命一時金
  • 個人活動予算 
  • 黒帯オリジナルの名刺 など

任期・任命

任期は1年間
年に1度CTO、技術領域の役職者が主体となって審査を執り行い、決定しています。