企業としての義務と責任気候変動・廃棄物対策

事業のなかで気候変動問題への取り組みを推進するとともに、事業活動にともなう環境負荷の低減にも取り組んでいます。

気候変動問題への取り組み

ビジネスを展開する上で環境への配慮は不可欠です。ヤフーでは、環境対応型の次世代データセンターを建設するなど、最新技術を活用して気候変動対策に取り組んでいます。
また「Yahoo!ショッピング」では小型荷物を自転車で配送するエコ配を採用しています。ヤフーはこれからも、ビジネスを通して持続可能な社会の実現を目指すとともに、ビジネス活動にともなう環境負荷の低減などを通じて気候変動問題にも取り組んでいきます。
今後は、東京・紀尾井町新オフィスやデータセンターのさらなるエコ・クリーンエネルギー化、拠点地域資源の社食への導入、環境配慮型の食材活用などさまざまな施策に取り組んでいく予定です。

関連する社会課題解決キーワード

環境負荷の全体像

ヤフーのマテリアルバランス(2017年度)

総CO2排出量(t-CO2)、総エネルギー消費量(GJ)

主な当社施設(データセンター含む)および、同敷地内に拠点を持つ子会社16社に関するスコープ1、2の合計

年度 総CO2排出量(t-CO2 総エネルギー消費量(GJ)
2012 88,494 1,775,066
2013 108,234 1,906,624
2014 121,763 2,089,167
2015 121,987 2,181,362
2016 86,551 1,607,567
2017 83,865 1,718,057
合計 610,894 11,277,843
  • ※2015年度までは、貸し出したリース資産(株式会社IDCフロンティアのデータセンター)分を含み、借りたリース資産(株式会社ブロードバンドタワーのデータセンター)分は含まず算定。 2016年度からは、貸し出したリース資産分を含まず、借りたリース資産分は含む。今後スコープ3まで算定対象とした際に、貸し出したリース資産分も再掲示予定
 

関連する社会課題解決キーワード

データセンターでの取り組み

インターネット事業を運営するために必要な自社サーバーを運用するとともに、顧客企業から預かったサーバーの運用・管理・保守などを行うデータセンター事業を行っています。
全国8カ所に保有するデータセンターにおいて、設備の入れ替え、新規設備投資などを行うことにより、エネルギー使用効率の改善を図っています。
特に福岡県北九州市の「アジアン・フロンティア」、福島県白河市の「白河データセンター」では、外気を利用した空調システムなど、最新技術を活用して温暖化対策を実施しています。
また、アメリカで保有するデータセンターは再生可能エネルギー(水力)100%で運用しています。

関連する社会課題解決キーワード

ペーパーレス化の促進

従業員へノートパソコンやタブレット端末を配布し、会議での資料のパソコン閲覧やプロジェクター活用、業務のオンライン化などにより、印刷する書類を大幅に削減しペーパーレス化を推進しています。

関連する社会課題解決キーワード

リデュース・リユース・リサイクルを推進

東京・紀尾井町オフィスでは、全館LED照明を導入し消費電力の削減、ゴミの15分別によるリユース・リサイクルの推進、使用済み書類については、専用のリサイクルボックス「保護(まもる)くん」を活用して、機密保持とリサイクルを両立し、森林資源の保護に取り組んでいます。また社内レストランでの食べ残しを減らすため、同じ食材で毎日メニューを変更するなどフードロス対策も実施しています。
ヤフーが運営するデータセンターでも、UPS(無停電電源装置)のバッテリーリサイクルを推進しています。

紙リサイクルの実績
(2017年4月~2018年3月)
429本相当の森林伐採抑制
カーボンオフセットの実績
(2017年4月~2018年3月)
約47.18t(トン)のCO2削減

関連する社会課題解決キーワード