企業としての義務と責任内部統制の強化

内部統制基本方針に基づき、「当社並びにその親会社及び子会社からなる企業集団」を対象とした「職務の執行の効率性、有効性に関する全社的評価や改善活動を継続的に実施」する部門として内部監査室を設置し、アシュアランス及びコンサルティングとしての監査機能、SOX評価、事故マネジメント活動を担当しています。

監査機能

監査業務は、子会社を含むすべての業務を対象として、内部における第三者の立場から、会社業務の管理の適正性、サービス運営の適正性・リスクついて評価を行い、経営戦略目標の阻害要因の抑制を図っています。
また、グループ全体の業容拡大、社会の期待の高まりなどの変化を踏まえ、リスク・アプローチの考え方に基づき、より重要な監査領域、監査テーマ、監査対象部門を優先し、業務監査、システム監査、部門/サービス・グループ会社監査等の各種内部監査に取り組んでいます。

SOX評価

日本版SOX法(JSOX法)の施行に対応して担当チームを設置し、「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準、並びに同実施基準」に合わせ、継続的改善に取り組んでいます。
特に、情報システムに対するIT統制については、全般統制・業務処理統制の両面において、管理体制の整備と充実を図っています。

事故マネジメント活動

サービスの不具合・事故は、ユーザーへの迷惑だけでなく、信頼・競争力低下など直接・間接の経営戦略目標の阻害要因であり、これらの可視化・再発防止策の実効的な実施の活動に取り組んでいます。また、業務上の事故の把握についても、法令違反、ルール逸脱によるビジネスリスク抑制と教育・統制の改善を目的として取り組んでいます。