企業としての義務と責任基本方針

ヤフーはステークホルダーの皆さまとの対話を続けながら、自身の社会的責任を果たし、社会・環境の持続的な発展を目指していきます。

企業行動憲章

私たちYahoo! JAPANおよびYahoo! JAPANグループ会社で構成されるYahoo! JAPANグループは、法律、商慣行、社会倫理などのルールに基づいて競争市場における企業活動をしています。

ルールに違反して勝ってもそれは意義あるものではなく、ルールにのっとってフェアに戦ってこそ価値があるものと考えています。

私たちは、お客さま、株主・投資家の皆さま、取引先、地域、従業員をはじめとした皆さまから広く信頼され、社会と調和することにより安全で持続可能なインターネット社会の実現を目指し、フェアプレーの精神をもって行動し、また、企業の社会的責任を果すことによって企業価値を高めたいと考えています。

そのために、私たち取締役、従業員は、それぞれ期待され、求められる役割を充分に理解し、皆さまの信頼と共感を得るために適正な企業ガバナンスを維持し効率的な企業活動を行ってまいります。

また、私たち経営トップは、お客さまの満足と信頼の獲得、公正で自由な競争の確保、立法・行政との健全な関係維持、経営情報の適時適切な開示、従業員の尊重、良好な労働環境の確保、地球環境保全への貢献、「良き市民」としての社会貢献活動の実施、反社会勢力との隔絶、地域・文化との調和、国際ルールの遵守、個人情報の厳重な管理、情報セキュリティの確保、知的財産権の尊重といったそれぞれの項目について、この憲章の精神を尊重することにより社会的責任を果たすことが自らの役割であることを認識し、この憲章の精神を尊重し、実践していくことを皆さまへお約束いたします。

関連する社会課題解決キーワード

推進体制

以下の体制でCSRと4つのアップデートを推進しています。

CSR推進体制の図。各事業部門の推進担当者とSR推進統括本部、SR推進執行役員が連携し、CEOや取締役からのサポートを受け、CSR活動を推進しています。 CSR推進体制の図。各事業部門の推進担当者とSR推進統括本部、SR推進執行役員が連携し、CEOや取締役からのサポートを受け、CSR活動を推進しています。

関連する社会課題解決キーワード

ステークホルダーとのコミュニケーション

さまざまなステークホルダーの皆さまの声を積極的に聞き、「4つのUPDATE」を推進し、持続可能な社会の発展と企業価値の向上につなげていきます。

ステークホルダー コミュニケーション方法と内容 目的/企業活動への反映
ユーザー コミュニケーション方法と内容
  • ・サービスごとのご意見フォームなど問い合わせ窓口の設置
  • ・ユーザーインタビュー、サポーターズクラブの開催
  • ・インターネット/SNSでの情報収集
  • ・公式HP/SNSなどを通じた、会社情報や事業内容の発信
目的・企業活動への反映

・カスタマーサービスの質の向上

・サービス品質の向上

株主・投資家 コミュニケーション方法と内容
  • ・年次株主総会
  • ・決算説明会
  • ・国内外機関投資家との個別対話
目的/企業活動への反映

・経営状況などの適時適切な情報提供

・建設的な対話を通じた経営の質の向上

取引先 コミュニケーション方法と内容
  • ・取引を通じた日常的なコミュニケーション
  • ・広告主、コンテンツパートナー、Eコマース出店者などの各取引先様との会議、研修会、イベントの開催
目的/企業活動への反映

・相互信頼に基づく緊密な関係の構築

従業員 コミュニケーション方法と内容
  • ・従業員意識調査
  • ・ホットライン(内部通報制度)
  • ・ハラスメント相談窓口
  • ・社内イントラサイトを通じた情報発信
  • ・社内プロジェクトの積極実施
  • ・退職者の集い「モトヤフ」の実施
目的/企業活動への反映

・職場風土の改善

・労務/人事諸施策の評価/立案

・人権及び多様性の尊重

地域・社会 コミュニケーション方法と内容
  • ・官民共同プロジェクトへの参画
  • ・経済/業界団体への参加
  • ・捜査機関との連携
  • ・各拠点での地域貢献活動/イベント協賛
  • ・コーポレートフェローシップ(官公庁・自治体への人財派遣)
目的/企業活動への反映

・地域コミュニティへの積極的参加

・国/業界全体の活力向上のための施策提案

・先進技術を用いた社会的課題の認識/解決

未来世代 コミュニケーション方法と内容
  • ・「Yahoo!きっず」の提供
  • ・ 教育機関との子どもの教育施策の協働
  • ・「Hack Kids」「Yahoo! JAPAN MeeTUP」などの実施
目的/企業活動への反映

・子どものインターネットへの適切な接点の増加と社内外への啓発

・次世代のインターネット社会を見据えた施策の実施

関連する社会課題解決キーワード

SDGsとヤフーの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に国連加盟国193か国が全会一致で採択した行動計画。貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など17目標・169ターゲットから成り、2030年までに目標を達成することを目指しています。
以下、ヤフーのSDGsの取り組みを最も力を入れて社会の課題解決を目指していく領域「4つのUPDATE」で分類しています。

1.情報技術社会の発展

情報技術社会の健全な発展に貢献します。

4.質の高い教育をみんなに ロゴ 4.質の高い教育をみんなに ロゴ

<取り組み事例>

2.災害・社会課題への支援

災害への取り組みをヤフーが自ら行うほか、NPOなどの社会課題解決者を支援します。

1.貧困をなくそう ロゴ 1.貧困をなくそう ロゴ 2.飢餓をゼロに ロゴ 2.飢餓をゼロに ロゴ

<取り組み事例>

3.ダイバーシティの推進

多様な人が活躍・共存し、個性を認め合う社会を目指します。

5.ジェンダー平等を実現しよう ロゴ 5.ジェンダー平等を実現しよう ロゴ

<取り組み事例>

8.働きがいも経済成長も ロゴ 8.働きがいも経済成長も ロゴ

<取り組み事例>

4.持続可能な社会への挑戦

自然・社会の環境を、持続可能な形で未来世代に引き継ぎます。

13.気候変動に具体的な対策を ロゴ 13.気候変動に具体的な対策を ロゴ

<取り組み事例>

14.海の豊かさを守ろう ロゴ 14.海の豊かさを守ろう ロゴ

<取り組み事例>

関連リンク

PAGETOPPAGETOP

一覧を見る