Yahoo! JAPANが挑戦する社会課題解決の取り組みさまざまな課題解決に取り組める休暇制度

富士箱根伊豆国立公園で美化清掃活動ボランティアに取り組む従業員

ヤフーは社会の課題解決エンジンとして、従業員には、仕事以外の時間でも、ボランティア活動を通じて誰かの課題解決を行って社会に貢献してほしいと考えており、年度で3日を上限として休暇を取得できるようにしています。なお、多くのボランティア活動は休日に開催されることから、休日に参加した場合、平日に休暇を振替取得可能です。

2016年度は、300人が取得し、災害復興支援、ごみ拾いなどの環境保護、保育園や老人ホームでのボランティアスタッフ、国際活動(ベトナムやブータンなどでの教育支援)などさまざまな課題解決に取り組んでいます。今後さらに取得率をあげるための取り組みを検討しています。従業員一人ひとりが課題解決の意識をさらに強くし、社会全体の課題解決に寄与していきます。

関連リンク

PAGETOPPAGETOP