Yahoo! JAPANが挑戦する社会課題解決の取り組み時間や場所にとらわれない働き方へ

コワーキングスペースLODGEの写真

時間や場所にとらわれず、どのような場所でも働ける「どこでもオフィス」を導入しています。在宅でもカフェでも効果的に働ける場所で勤務可能で、通勤時間やラッシュのストレス軽減、時間を最大活用し、自己研鑽・育児・介護などの対応もしやすくなります。震災が多い日本ではBCP基盤となりうる働き方としても期待されています。2016年には利用回数を月5回(2017年6月現在)に拡大をしました。2016年度の従業員の活用率は81.4%です

少子高齢化の日本では生産力人口減少への対応や介護、育児などライフステージにあわせた柔軟な働き方が重要になります。「どこでもオフィス」のような生産性を上げる効果的な働き方を社内外に発信しながら、日本の働き方改革に取り組んでいきます。

関連リンク

PAGETOPPAGETOP