Yahoo! JAPANが挑戦する社会課題解決の取り組みLGBTへの理解を促進

東京レインボープライドのイベントでのブース出展時の写真

LGBTを自認する方の割合は、国民全体の7.6%*ともいわれていますが、理解があまり広がっていないのが現状です。社内ではLGBTの当事者が働きやすい環境整備を行うため、当事者と有志、人事部門で構成されるレインボープロジェクトを開始し、LGBTに対する社内外の理解促進を図っています。

社内に対しては、人事が提供する管理職を対象としたダイバーシティ研修での理解促進や、社内規程における配偶者の定義を見直し、同性パートナーや内縁パートナーに対して配偶者と同等の福利厚生を適用しています。
また、社内だけではなく社外ともコラボレーションを行い、2016年度は大手IT企業と連携した学生向けLGBTソーシャルイベントを開催。2017・2018年5月には東京・代々木公園で行われたLGBTなどの性的少数者への理解を深めるイベント「東京レインボープライド」に協賛しブースを出展しました。
今後も社内外の理解促進に向けて取り組んでいきます。

2018年6月更新

関連リンク