CSR

日本の漁業・水産業の課題を解決

フィッシャーマンジャパンの図

被災地の課題発見とその解決に努めるなかで、三陸地域の産業の大きな柱の一つである漁業の課題を解決するために漁業活性化を目的に設立された「フィッシャーマン・ジャパン」の活動を、2014年5月の設立当初から支援しています。具体的には、ホタテやカキ、ワカメなどの海産物を「Yahoo!ショッピング」上で販売する支援や、ファンクラブ組織の立ち上げ支援を行い、さらには顧客関係管理活動(CRM)を主軸とした、新たな漁業活性化支援の取り組みを開始しています。

2020年7月更新

関連リンク

このページの先頭へ