Yahoo! JAPANが挑戦する社会課題解決の取り組み寄付や助成金などを通じて社会課題の解決を支援

Yahoo!基金のページ

2006年、Yahoo! JAPANのサービス開始10周年を記念して創設されたのが「Yahoo!基金」です。「インターネット社会の安全で健全な発展」と「災害被災者および災害被災地への支援」を目的とし、お客さまからの寄付とヤフーからの拠出金とによって運営しています。
【災害・復興支援】
災害・復興支援は、緊急、復興、防災減災と3つのフェーズで支援活動を行っています。災害発生時の緊急支援では、募金を立ち上げ、被災地に寄付を行います。
2018年度は緊急災害支援として4つの災害で募金活動を行い、被災地や被災者の方への支援活動を行いました。
特に、平成30年7月豪雨災害では70万人を超える方々からご寄付をいただき、ヤフーからのマッチング寄付とあわせて6億2424万円を被災者の方や被災地で支援活動を行うNPO等に寄付いたしました。

復興支援では、東日本大震災の風化を防止し、教訓を活かすための活動などを支援しています。
そして、防災減災活動支援では、「南海トラフ地震に備える」をテーマに高知県での看護職の方のネットワークづくりなどの活動を支援しました。

【インターネット社会の安全で健全な発展】
「インターネット社会の安全で健全な発展」を支援する活動では、IT技術を活用した社会課題の解決支援とNPOなどの情報発信力を向上させる取り組みをおこなっています。
IT技術を活用した社会課題の解決支援では、日本で暮らす日本語教育を必要とする外国をルーツに持つ子どもへの支援として、2018年10月よりオンラインで日本語教育を行う活動に支援しています。また、NPOなどの情報発信力を向上させる取り組みでは、NPOなど公益活動をされる方に、ジャーナリストを講師に招き、情報発信力を高めていただく研修事業を行っています。
Yahoo!基金では、ご支援いただいたお客様の気持ちに寄り添いながら、社会課題解決のための活動を支援していきます。

2019年7月更新

関連リンク