CSR

アプリ開発の裏側や、コマース・広告で活躍するAI技術など、 幅広い領域のテクノロジーを社外エンジニア向けに公開

Tech Conferenceのロゴ

2019年12月、「Yahoo! JAPAN」を支える幅広い領域のテクノロジーを語るエンジニア・デザイナー向けテックカンファレンス「Yahoo! JAPAN Tech Conference 2019 in SHIBUYA」を開催しました。

本イベントでは、当社CTOによる基調講演を皮切りに、ヤフーのエンジニアやデザイナーが、「PayPay」「PayPayフリマ」「PayPayモール」のアプリ開発の裏側や、コマース・広告で活躍するAI技術(機械学習・深層学習など)、コンテナ基盤技術「Kubernetes」の活用事例など、「Yahoo! JAPAN」を支える幅広い領域のテクノロジーをテーマに、全13本の講演を行いました。
講演会場外では、登壇者と意見交換ができる「Ask the Speaker」ブースや、データサイエンス関連のポスター展示、当社エンジニア・デザイナーによるライトニングトークなどを用意しました。

ヤフーは本イベントの開催を通じ、テクノロジーについて共有・議論の機会を創出することで、社内外を問わず多くのエンジニアやデザイナーの方々とともに、インターネット業界の"ものづくり"を活性化させていきます。また同時に、自社の「テクノロジー」「データ」双方を磨き込み、より心地よいサービスの提供につなげていきます。

2020年7月更新

関連リンク

このページの先頭へ