Yahoo! JAPANが挑戦する社会課題解決の取り組みAI、スパコン、次世代認証技術など社外エンジニア向けに公開

Tech Conferenceのロゴ

2018年1月、Yahoo! JAPANを支える幅広い領域の技術を語る社外向け技術カンファレンス「Yahoo! JAPAN Tech Conference 2018」を開催しました。
AI、スパコン、次世代認証技術など幅広い領域の技術をテーマに、講演、展示ブースや交流ブースなどで、社外エンジニアに向けて公開し共有するものです。

Yahoo! JAPANは、100を超えるサービスの提供を通じて、月間約750億PVと国内最大規模のトラフィックを抱えています。その裏側で大規模かつ多種多様なビッグデータを日々蓄積・利活用し、サービスのさらなる利便性向上につなげています。
これらに必要となる技術開発は、全て自社で全社員のおよそ半数にあたる約3000人のエンジニア・デザイナーが担っており、「データドリブン」なサービス運営を加速するため、エンジニアへの育成、最新の開発環境への積極的な投資も行っています。

今後も、エンジニアやデザイナーといったインターネットの“ものづくり”に関係する方々と、幅広い領域の技術について共有・議論の機会を創出し、「データドリブンカンパニー」としてより一層の成長につなげていきます。
(2018年2月更新)

関連リンク