カメラ歴は10年! 新卒4年目の若手公式カメラ隊

カメラ歴は10年! 新卒4年目の若手公式カメラ隊

これまで紹介した、公式カメラ隊の男性メンバーはベテランばかり……。このままでは、公式カメラ隊がなんだか敷居の高い集団だと思われてしまうかもしれない!
ということで、きょうは若手ですがカメラ歴はすでに10年! の片山祐輔さんをご紹介します(^^

- 公式カメラ隊に入ったきっかけを教えてください!

新卒入社で配属された部署のイベントを撮影していた時に、公式カメラ隊の隊長から誘っていただいたのがきっかけです。

カメラ隊として最初に撮影した案件は、約100社の企業が集まった「提携出資説明会」でした。
撮った写真は広報でも使うと言われていたのでお渡ししたところ「使える写真がない!」と言われてしまいショックでした……。

翌年に同じイベント撮影でリベンジし、担当の方からOKをもらえた時はうれしかったです!

- カメラ隊の撮影で一番印象に残っている案件は何ですか?

Yahoo! Meeting(全社員が集まるイベント)の撮影です。2年連続で撮影しました。
1年目は舞台上のポジションで撮っていたのですが、気づいたらわたしと孫さんのツーショットがスクリーン上に映し出されていました(笑)
2年目も舞台上のポジションで、集合写真を撮影しました。その時に突然、司会の方から「実は社員さんが撮影しているんです!」と紹介されました。
写真をチェックしたときに上手く撮れたかどうかわからず、とりあえず笑ってごまかそうと「ウフフフフ」と笑った声をマイクが拾って、会場が大爆笑になったのが印象に残っています(^^
でも、それでみなさんの笑顔が出たので、いい集合写真を撮れました。

今年もまた撮影を担当できるのであれば、集合写真を今度こそしっかり撮りたいですね。


- すでにカメラ歴が10年とお聞きしましたが、写真をはじめたきっかけを教えてください!

高校3年の時から写真に興味がありました。大学の受験勉強から逃避したくて(笑)学校の図書室に行った時に、カナダのプリンスエドワード島の風景の写真集を見つけて、こんなキレイな写真を自分も撮りたい! と思ったことがきっかけです。
最初はフィルムカメラでの撮影でしたが、大学3年生の終わりごろからデジタル一眼レフで撮影するようになりました。

- 普段よく撮るものは何ですか?

人物を撮ることが多いです。大学で写真部に入り、最初は風景を中心に撮っていました。ですが、学園祭のスナップを撮ったりタウン誌のカメラマンのアルバイトをはじめてストリートスナップやライブ、フェス、雑誌の撮影など人を中心に撮るようになりました。
撮った相手が喜んでくれるとやはりうれしいです(^^
たとえば、友だちのFacebookのプロフィール写真がわたしが撮った写真に次々に変わっていったりすると「やった」と思いますね(笑)

image


- これから撮ってみたいもの、やってみたいことはありますか?

具体的にはまだわかりませんが人は撮り続けていたいので、ファッションや音楽などの人が起点となる写真をベースに独自性を加えた作品を撮りたいです。
いずれ「片山と言えばこういう写真だ」みたいな世界観を確立したいですね。

カメラマンとしてのスキルも伸ばしたいという思いが強いので、ライティングの技術などをもっと身に着けていきたいです。特に、撮影の場をつくりこむことを中心に勉強中です。
何でもとれるカメラマンになりたいです!

- 他のカメラ隊から、「いつ家にスタジオをつくるの?」と質問があったのですが(笑)

機材はそろえているのですが、今の家だと厳しいので、今度引っ越す時には5畳くらいの撮影スペースを確保できる家に住めるよう頑張ります(笑)

- 写真を撮られる時のアドバイスはありますか?

自分の顔がきれいに見える角度を知って、少し斜めから撮ってもらうのがオススメです。
みなさんそれぞれ「利き顔」があるので、自分の顔は左右どちらがいいのかを、誰かに撮ってもらって知っておくといいと思いますよ。
緊張すると顔がこわばったり、不自然な表情になってしまうので顔の筋肉をリラックスさせるために全力で笑顔を作ってそのまま力を抜くと、自然な表情になりやすいですよ(^^

image


- 公式カメラ隊メンバーに期待することを教えてください。

社内案件の撮影で培ったノウハウがあるので、それを外に出したり外からの刺激も受けることで、視野を広げていけるといいですね。

写真はどんな場面でも必要なことが多いので、たとえば地域のイベントやライブ、社外の人のプロフィール写真、結婚式などでも撮影の実績を積めると思います。そしてそういう場から、外の人とのつながりを増やしてほしいです。
わたしもよくライブの撮影やポートレートの撮影を依頼していただくことがありますが、とてもいい刺激になっています。

これからは、メンバーそれぞれが、社内にかかわらずどんどん活動の場を広げていって、カメラマン個人としても認められるように活躍できるといいなと思います!

- 最後に、写真への想いを!

写真だけで完結させるのではなく、何かとかけあわせることで、さらにプラスの効果を生み出していきたいと思っています。 
これからも写真を通じて人との関係を深め、自分の幅を広げていきたいです!

image