なかの人が「ふるさと納税」をやってみた

なかの人が「ふるさと納税」をやってみた

ヤフーにはたくさんのサービスがありますが「ふるさと納税」ができることを知っていますか?

ふるさと納税とは、自分が育ったふるさとや応援したい自治体に2,000円以上の「寄付」をし、申告することで税金の一部が控除される制度です。納税先には、自分の住んでいる場所以外の地域も選べます。

今回はサービス担当の川村さんに教えてもらいながら、ふるさと納税の手続きをしてみました!

- わたし、ものすご~く面倒くさがりなんですが、大丈夫ですかね……。

川村:
だいじょうぶ、本当に簡単にできますよ!(^^

ふるさと納税は、今まで育ってきたふるさとに納税できるという制度で、2008年に福井県から始まりました。
2011年の東日本大震災で認知が高まり、さらに2012年に支払い方法が簡単になったり、最近はテレビなどでも取り上げられてブームになっているようです。

ふるさと納税のメリットは、まず、地域に貢献できること。今住んでいる場所はもちろん、日本国内どこにでも納められる! という点です。
ふるさと納税は「税金の先払いをして自分が納める税金の使い道が選べ、お礼品が貰えることもある」と思ってもらえるといいと思います。
ふるさと納税の申告をしない方、税金控除額の上限を超えた寄付は、還付されませんのでご注意ください。

また、自分が納める税金の使い道が選べることも大きな特長です。
ふるさと納税を申し込む時に、このお金をこういうことに使ってほしいと伝えることもできるので、自分の思いが反映されるという喜びがあるのではないかと思います。

ふるさと納税とは?

- ずばり、ふるさと納税はおススメなんですか?

川村:
はい、おススメです!

たとえば今年4月以降に5万円を「ふるさと納税」で寄付したとします。
ワンストップ特例制度を使って申告すれば、自己負担金2000円を除く4万8千円が翌年の住民税から控除されるので、月額の納税額が4千円減る分、お給料の手取り額が増えます。

確定申告をした場合は、4万8千円の一部が所得税から現金で戻り、残りは翌年の住民税から控除されます。 

さらに、寄付された自治体が送ってくれる肉や魚などの特産品をもらう楽しみもついてきますよ!(^^
ふるさとへ寄付して、住んでる地域ではその分納税額が減る。税金がふるさとに動くので「ふるさと納税」です。

ふるさと納税:寄付金控除額の目安(※)

(※)
ふるさと納税を行う方の給与収入と家族構成別で表にしていますので、参考にしてください。表は、他の控除(住宅ローン控除や医療費控除等)を受けていない給与所得者のケースとなり、あくまで目安です。
具体的な計算はお住まいの市区町村にお問い合わせください。

- でも、確定申告をしないといけないんですよね? ちょっと面倒……。

川村:
いえ、2015年の4月以降にふるさと納税をする方でしたら、確定申告が不要の「ふるさと納税ワンストップ特例」の申請を行うことができますよ!

【ふるさと納税の申告について】

image


- 手続きも、とてもカンタンになったそうですね?

川村:
先日、Yahoo!ふるさと納税で「ふるさと納税お申し込みフォーム」が始まりました。
自治体への申し込みをヤフーで申し込みから決済完了まで簡単に行うことができます。Yahoo! JAPAN IDを使った決済なので、Tポイントの支払い忘れを防げる上に、ふるさと納税の支払い履歴も確認できます。

- では、いよいよ初めてのふるさと納税をやってみようと思います

まず「ふるさと納税お申込みフォーム対応自治体」のページから、気になるものを選びます。

image


わたしは野菜が好きなので、宮崎県綾町の「綾町の旬の野菜&加工品セット」にしてみました。

image


ふるさと納税の使い道は「人と人が助け合い、健康で安心して暮らせる町づくりのため」を選択。

クレジットカード情報などを入力して、あっという間に手続きが完了しました。
ただ、あくまでもふるさと納税は「寄付」なので、選んだものがいつ届くかはお楽しみだそうです。楽しみです(^^

ちなみに、最高額は100万のものもありました……。


- 最後に、ふるさと納税を特に誰に使ってもらいたいですか?

川村:
税金を納めている人みなさんに使ってほしいと思っています。「寄付」をして、ちょっとしたお礼をもらえるという喜びを味わってほしいです。

特に、若い人たちに使ってもらいたいですね。まだ、税金の使い道にあまり興味はないかもしれませんが、ふるさと納税を通じて地域に寄付することで、税金の使い道について知ることができ、自分が住んでいる地域にもっと目がいくようになると思います。
寄付をすることで、その地域に愛着がわきますし、実際にその地域に行ってみたくなったりすると思います(^^

税金を納めるのは、日本をより良くしていくためだということに気づけるのではないかと思いますし、税金へのマイナスイメージがプラスに変わるかもしれません。ぜひ一度、使ってみてくださいね(^^